毎年お正月に箱根駅伝を見るのを楽しみしている。
hakone
風物詩の一つとして、なにより大学生ランナーがチームの勝利のために一生懸命走っている姿に感動するからだ。

そして自分でもマラソンを走るようになると、より楽しめるようになることはよく知られている。
走るモチベーションアップにもなるし、テクニック的な勉強にもなる。トップ選手がどんなシューズを履いているのかチェックするのも「流行り」がわかって楽しいし、シューズ選びの参考にもなる。今ならやっぱり厚底のアレだ。

加えて自分の母校なんかが走っていたら、その興奮はただ事じゃないだろう。
母校じゃないにしても、特定の大学のファンになれば応援に力が入るだろうし、選手個人個人に詳しくなれば、1年生のときから4年間追いかける楽しみ方もあるかもしれない。

いずれにしても、「箱根駅伝ファン」になれば様々な楽しみ方があるということだ。

「2019年第95回箱根駅伝(往路)を見て思ったこと」を書く前に、オレがどの程度の「箱根駅伝ファン」なのかを説明しておきたい。

あまり詳しくない。

特にどこ大学の誰それ選手のファンというのもない。
全体的に好きなだけだ(笑)

「箱根駅伝ファン」であることは間違いないと思うんだ。だって毎年楽しみにして見てるんだから。
でも全然詳しくないと思う。
その知識は、特に「箱根駅伝ファン」ではない人と同等レベルだろう。

例えば、今年2019年の箱根駅伝はこういう思いで見ている(往路だけ見てこれを書いてます)

「今年も青学勝つのかな~」「そろそろ東洋に勝ってもらいたいな~」

こんなレベルだ。
箱根駅伝に、いやスポーツ全般に特に興味がない人でも思いそうなことだ。
そんな箱根駅伝に全然詳しくないけど毎年楽しみに見ているオレが「2019年第95回箱根駅伝(往路)を見て思ったこと」がある。

「あれ、またモグス走ってる?」

だ。
箱根駅伝に外国人選手が参加することに賛否があった時代もあったようだが、今やその活躍がなかったら箱根駅伝の盛り上がりは半減してしまうのではないだろうか。半減、は言い過ぎかもしれないが。
でも、外国人選手がゴボウ抜きするシーンは箱根駅伝の見どころの一つだ。10人抜き!みたいなのがあるじゃない。

そしてここ何年かで、その活躍が印象深い外国人選手といえば「モグス」じゃないだろうか。
いや、正直に告白するとオレの記憶にある外国人選手の名前はただ一人「モグス」だけだ。

オレの中で箱根駅伝の外国人選手といえば「モグス」だ。

ただオレの箱根駅伝に詳しくない知識から考えても、「モグス」が活躍していたのは「けっこう前」だったのではないか。
でも、2019年の正月、確かに「モグス」が箱根を走っていた。

「あのモグス」が走っているのだろうか・・

そんなわけないだろう。
かと言って、日本に来て陸上をやっている外国人に「モグス」が何人もいるだろうか。
「モグス」がよくある名前だとは思えない。

一緒にテレビを見ていた母親に聞いてみる。
「このモグスってあのモグスかな?」
母親も毎年箱根駅伝を楽しみにしている。
お雑煮を口にモグモグしながら母親は答える。

「モグスはモグスだべさ」

そう、モグスはモグスだ。
母親はオレ以上に箱根駅伝に詳しくない。何も知らないと言ってもいいレベルで詳しくない。

やっぱり「あのモグス」なのだろうか。
活躍していたのは「けっこう前」という記憶が間違えているのだろうか。

テレビで走っている姿を見ても「あのモグス」なのかわからない。
申し訳ないが、そこまで詳しく知らない外国人の顔を見分けることはオレにはできない。
見分けることができないどころか、考えてみたらオレの知っているモグスがどんな顔をしていたのか、まったく憶えていない。

しかしそのユニフォームに違和感がある。
2019年のモグスは「東京国際大学」のユニフォームを着ている。
オレの知っているモグスは「山梨学院大学」だった気がする。

やっぱり違うモグスか。

いや、絶対に違うことはわかっていても、なぜかそれを認めたくないオレがいる。
箱根駅伝を走るモグスが何人もいるわけがない、そう思うオレがいる。

「あのモグス」の兄弟、もしくは親戚の可能性はないだろうか。

それにしてはテレビのアナウンサーも解説もそのことに一切触れないのは(オレが聞いている限りでは)不自然ではないか。

やっぱり「あのモグス」なのか。

いや、オレにとってそんなことはどうでもいいんだ。
モグスが箱根駅伝を走っている。それだけで十分だ。「あのモグス」じゃないとしても。
お正月に大学生ランナーがチームの勝利のために一生懸命走っている。それだけで十分だ。

そして東洋大学の選手が「その1秒を削り出せ」という東洋大学スピリッツを胸に走っていると思うと涙が出るのは毎年のことだ。



関連記事「市民ランナーが正月の箱根駅伝から学ぶべきこと」






スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. てっぺい
    • 2019年01月03日 23:23
    • あけましておめでとうございます!今年も楽しく拝見させていただきます。

      今日は箱根駅伝見ながら、ランニングマシンで走ってました。スポーツ(マラソンやサッカーの走る系)を見ながらだとなぜかいつもより頑張れますね(笑)
    • 2. シブケン(管理人)
    • 2019年01月04日 20:13
    • てっぺい さん
      あけましておめでとうございます!
      箱根駅伝見ながらランニングマシンなんて最高ですね。
      走りたくなりますもん、選手のがんばり見てたら。
      で、実際に走り出すと思ったよりがんばれないですけどね(笑)
      今年もよろしくお願いします!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット