スタートラインはどこですか?

40男が挑戦したり悩んだりのブログ。たとえばマラソンとか。笑ってください。

2018年07月

たとえば葬式にアロハシャツを着て参列したら、かなりマズイことになると思う。場合によってはツマミ出されることも覚悟の上での参列になるだろう。もちろん日本での話だ。もしかしたらハワイなんかでは「アリ」なのかもしれない。だからこの場合、問題になるのは「TPO」だ。 ...

称賛されることは意外に少ない。そう言ったら驚くだろうか。何事も度が過ぎると周囲の反応が変わることはよく知られている。マイナスの方向に、だ。時に「羨望から嘲笑へ」と大きくターンをすることもあるだろう。例えば、みんな大好きディズニーランド。「毎年家族でディズ ...

「10kmとハーフとフルとウルトラマラソンを比べたらどのレースが一番キツい?」もしそう問われたなら、オレはこう答える。「全部キツい」なぜなら「楽なレース」を経験したことがないからだ(笑)いやいや、ウルトラが一番キツいに決まってんだろ!そう思うかもしれない。確 ...

「マラソンが趣味の人に悪人はいない」少々大胆な仮説だろうか。たとえばキミが知ってる悪人を思い出してほしい。そいつ、マラソンやってないだろ?そいつがガッツポーズをしてフルマラソンのゴールを駆け抜けるシーンを想像できないだろ?エイドでバナナをモグモグやる悪人 ...

「中高年にやさしいフェス」そんなフェスがあったら行きたい?「嫌だよ、そんな辛気臭いの」若者はそう言って嫌うかもしれない。オレもなんか嫌だな、イモくさい感じがして(笑)思いっきり中高年なんだけどね。 ジョインアライブ2018北海道は岩見沢市で毎年行われている夏 ...

「ランナーズ・ブルー」という言葉を聞いたことがあるだろうか。それほど一般的な言葉ではないかもしれない。でも、それの意味するところはだいたい想像が付くと思う。マリッジ・ブルー的なそれだ。走ることに対してあまり熱意を持てなくなる、といえばいいだろうか。平たく ...

本来それは坂道攻略のフィジカル的なテクニックだ。のはずだ。しかしオレは精神的なテクニックとしてそれを用いた。そう、オレの用法は間違えている(笑)ただ、それによって助けられたことも事実だ。このテクニックがあったからウルトラマラソンを完走できたと言っても過言 ...

「スタートラインに立ってさえしまえば、あとはなんとかなるさ」そう言われたところで、どうやってスタートラインに立てばいいのかよくわからないのがサロマ湖ウルトラだ。スタートラインはどこですか?状態だ。宿泊場所や車の駐車場所についてよくわからない。加えて言えば ...

「やめておけ」そう忠告するのがやさしさかもしれない。先日オレは第33回サロマ湖100kmウルトラマラソンを完走した。20018年6月24日(日)の出来事だ。ウルトラマラソンは初挑戦だった。あまりにも苦しいレースだった。だから「いつかサロマ湖100kmウルトラ走ってみたいな」 ...

↑このページのトップヘ