スタートラインはどこですか?

40男が挑戦したり悩んだりのブログ。たとえばマラソンとか。笑ってください。

2020年02月

「遺書を書いておくことをオススメします」もし、勢い余って大会注意事項にそんな文言があったとしても、オレは素直に受け入れてしまったかもしれない。「ココヘリ」はオレにそれくらいの恐怖を植え付けた。死への恐怖だ。「ココヘリ」ってなんだよ。そう思う人も多いかもし ...

マラソンをやってみたいと言っているランナー予備軍や、マラソンを始めたばかりの初心者ランナーに贈る本は何がいいだろう。たぶん「BORN TO RUN」ではない。 いやいや、ランニングを続けていく上で、いつかは読んでほしい名著だよ「BORN TO RUN」は。だからといって、初心者 ...

「走る」というのは「前に進む」ことだ。なんて言うと、いやいや後ろにだって走れるだろ、とかいう人がいるかもしれない。しかしそれは違う。その場合は「後ろに」という言葉が必要になる。前に走る場合は「前に」という言葉は必要ない。なぜなら、「走る」というのは「前に ...

先日、2020年2月6日付けで、なかなかショッキングで悲しいお知らせがあったのをご存知だろうか。北海道陸上競技協会からのお知らせだ。→北海道陸上競技協会(外部サイト)「サロマ湖100キロウルトラマラソン」についてのお知らせだ。お知らせというか謝罪といえるかもしれな ...

冬は寒い。そして雪道は走りづらい。それらのことを改めて言う必要はないのかもしれない。コンクリートは硬い、と言う必要がないように。しかし、言わずにはいられない。いや、声を大にして言いたい。とても寒くてとても走りづらかったからだ。「スノーマラソンin千歳2020」 ...

人はどんな時に走り出すのか。何を「きっかけ」に市民ランナーになるのか。趣味としてのランニングを始める「きっかけ」はなんだろう。よく知られているのは「いつかマラソン走ってみたいな」と口にした人が、実際に走り出すことは、ほぼない、ということだ。なぜならマラソ ...

↑このページのトップヘ