MGCの影響だろう。
テレビ観戦した後でランニングに行ったら、いつものコースが殺気立っていた。

昨日の話だ。
2019年9月15日(日)にMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が決着した。
MGCオフィシャルサイト(外部サイト)

それによって、2020年東京五輪マラソン代表が内定した。全てではない。男女それぞれ3名ずつ選ばれる内の2名だ。

男子は中村匠吾(富士通)と服部勇馬(トヨタ自動車)
女子は前田穂南(天満屋)と鈴木亜由子(日本郵政グループ)
の4名が内定した。

男女それぞれ「あと一人」の枠は、今後の「3レース」で設定タイムより速くゴールし、かつ「一番速いランナー」が選ばれる。該当者がいない場合は、MGCで3着だった選手に内定する。
男子は大迫傑(ナイキ)で女子は小原怜(天満屋)だ。

男子の3レースは「福岡国際マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソン」で、設定タイムは「2時間05分49秒」だ。
女子の3レースは「さいたま国際マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソン」で、設定タイムは「2時間22分22秒」だ。

どういう結末になるのか、とても楽しみだ。

それはそうと、昨日のMGCだ。
過去にない「五輪代表を一発で決める(3名のうち2名を)」というレースだけあって、熱い戦いだった。オレはスタートからゴールまでテレビにくぎ付けだった。2時間があっという間だった。

マラソンに限ったことではないが、一流選手の試合を見ると、その技術を取り入れたくなる人は多いと思う。

やめておけ。

そう忠告したい。
いや、「あるレベル」に達したランナーは、それも大切なことだ。一流選手の技術を取り入れることで、その技術は向上していくことだろう。マラソンだったら、そうだな、なんの根拠もないが(笑)フルマラソで「サブ3.5」を達成したあたりからは、一流選手の技術を取り入れていけば、さらに上の結果が生まれるんじゃないかな。

それまでは、オレみたいなポンコツランナーは下手にマネしたらケガするぞ、
そう忠告したい。

そう、それはただの「マネ」なんだ。
ジャッキーチェンの映画を見た後で、拳法のマネごとをするように。それで実際に戦えるわけではないだろ?もしかしたら、
ジャッキーチェン自体が実際に戦えないのかもしれないけど(笑)どうなんだろ。
蛇拳ならまだしも、酔拳はヤバい。酔ったフリして、そこからの裏拳だ。小学生のときやってたなぁ、恥ずかしすぎる。

例えばフォアフット走法にしろ何にしろ、それは厳しいトレーニングを経て必要な筋肉をつけ、そしてスリムに絞った体があるからこその完成形であることを知っておきたい。
ポンコツランナーが簡単に取り入れられる技術ではないんだ。

王貞治の一本足打法の「ポーズ」を決めたところで、ホームランが打てないように。それは元スマップの中居くんレベルにその「マネ」の精度を上げたところで同じことだ。プロのピッチャーからホームランは打てない。

一流選手の技術を取り入れる前に、基礎を身に着ける必要がある。いや、もっと前に、基礎を身に着ける前に体をつくらなければならないかもしれない。

例えばオレならダイエットだ。

フォアフットとか言ってる場合じゃない。もうやめたけど(笑)

関連記事



「マネ」と「会得」は違うことを知っておきたい。まずは体をつくって、基礎を身に着けることが大切だ。てきとーにマネしてるとケガしちゃうからね。
ダルビッシュばりの高速スライダーを投げる(マネする)前に、ストレートのスピードを上げたいところだ。

それはあくまでも「技術」の話だ。

レースにのぞむ「精神面」では、大いに一流選手のそれを取り入れていきたい。
昨日のMGCで多くのことを学んだ。「一流の精神」を。

例えば、設楽悠太の独走だ。攻めの走りだ。
スタート直後から飛び出して30km地点くらいまでだったろうか、そこまで独走、一人旅だった。

詳しいことはわからない。
あえてハイペースで「逃げ」を打ったのか。ただ単に一番走りやすいペースで行っただけなのか。何も考えないでひたすらゴールを目指したのか。
どういう戦略であの走りになったのか、オレにはわからないが、あの大舞台で「攻め」に行った精神を見習いたい。最終的に勝つことはできなかったが、失うことを恐れずに挑戦した精神を
見習いたい

それに比べて、オレみたいなポンコツランナーが「後半に脚残したいから」なんて言って、前半のペースを抑え気味に行くとか、ちゃんちゃらおかしくないか?(笑)

オマエなんかどうやったって同じだよ、って話だ。失うものは何もない。本当になにもない。
設楽悠太は「五輪代表切符」を失う可能性があった。あるのに攻めた。その精神を見習いたい。

来月の札幌マラソンは、自分なりに攻めてみたい。そして自己ベストを更新したい。前半からビビらないで飛ばしていきたい。後半つぶれて歩いたっていいよ、もう(笑)失うものはなにもない。

大迫傑のラストスパートも忘れられない。
優勝大本命だった大迫傑。いつもクールな走りの大迫傑。

残り3km地点、(優勝した)中村匠吾がロングスパートに入る。大迫傑が置いていかれる。あの大迫傑が。

大迫傑の最後のガムシャラなスパートは忘れない。あれほど手足を大きく振る大迫傑を見たことがない。いつも恐ろしくキレイなフォームで走る大迫傑のフォームがブレていた。それほどまでに手足を大きく振ってガムシャラに。

無様でもいい、とにかく勝ちたい。それが伝わってきた。その精神を見習いたい。
いや、全然無様じゃなかったけど。

そんな熱い戦いが繰り広げられたMGCを観戦したあと、やっぱり走りたくなったオレはいつものランニングコースを走った。いつもよりランナーが多かった。MGCを観てから来たランナーは多かったのではないか。

そして、なにやら殺気立っていた。

ってのは言い過ぎだが、でもなんか、いつになく「レースじみた」雰囲気があったのは、気のせいではないだろう。
MGCに影響されたに違いない。

いつもより、みんな速い。いや、知らないランナーだから、いつものことは知らないけど(笑)
でも、なんかいつもより速い雰囲気があったんだ(どんな雰囲気だよ)。みんなのフォームも心なしかいつもより整っている気がした。いや、だからいつものことは知らないんだけど。

オレもMGCの大迫傑ばりに、ちょっと速めのランナーの後を追って走った。
それはまるで、あの日の酔拳のように。



関連記事











スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. チャー
    • 2019年09月17日 00:01
    • なるほど〜〜(^ ^)
      来月の札幌マラソン、攻めの姿勢で前半から突っ込んで、ラストはガムシャラなスパートで手足を大きく振るのですね…

      『あんなシブケンさん見たことない』
      と、周りのランナーを驚かせて下さい❗️
      期待してます(笑)
    • 2. てっぺい
    • 2019年09月17日 10:47
    • 札幌マラソンは前半下りですから、貯金を作るつもりじゃないと行けないかもですねー。私は去年の今頃に比べて3kgほど重いので、重力に逆らわずに前半突っ込みます!
    • 3. シブケン(管理人)
    • 2019年09月17日 15:59
    • チャーさん
      ラストはガムシャラなスパート、もしくはトボトボ歩いてるかのどっちかですね(笑)
      気付けば、本番までそれほど日にちがなくてビビッてます・・
      残りの日々、どんなトレーニングやればいいのかよくわかってません!!
    • 4. シブケン(管理人)
    • 2019年09月17日 16:08
    • てっぺいさん
      だよね、自己ベスト狙うなら前半に突っ込むしかないよね。
      温存したところで、どうせ後半ペース落ちるの決まってるし(笑)
      あとは最後の公園内の上り坂を克服できるか。苦しくなったらMGCのラストを思い出す!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット