どちらかといえば昔から「こだわる」男がかっこいいとされてきた。

たとえば本物のコーヒーの香りにこだわるうんたら、みたいなテレビCMがあったように思う。
そこにはゆったりと本物のコーヒーを嗜むダンディーな男が映し出されていた。かっこいい男だ。

確かに、最近付き合い始めた彼女を「コーヒーでも飲む?」なんて言って部屋に呼んだはいいが、「はい」っつって冷蔵庫から取り出した缶コーヒー放り投げてくる男はかっこよくない。
そこには、コーヒーなんてどうでもいいから、とにかく彼女を部屋に呼びたかった、が見え隠れする。

下心丸出し、だ。

こういう時は、できるだけ下心を抑えて、丁寧にネルドリップでコーヒーを淹れたい。いや、ネルドリップはやりすぎかもしれない。こだわりが強すぎてめんどくさいやつ、と思われる危険がある。無難にペーパードリップで淹れてるのがいいだろう。

このように「こだわらない」よりは「こだわる」方がかっこいい場面は多い。
しかし、「こだわらない」も徹底すれば「こだわる」よりもかっこよくなることがある。
「こだわらない」ことに、こだわるということだ。「コンセプトがない」のがコンセプトみたいな。わかりづれーわ。

こんな例がある。あるライブハウスのマスターに聞いた話だ。
あるバンドがライブにやってきたときの話だ。プロのバンドだ。プロのミュージシャンともなれば、それはそれは楽器にこだわるに決まっている。

仮に、そのライブハウスに自分の持つものとまったく同じ型のギターアンプがあったとしても、わざわざ遠方から重たいギターアンプを運んでやってくるギタリストは珍しくない。

音が違うそうだ(嫌味ではない)

バンドの機材のなかで一番運搬が困難になるのがドラムセットだ。ドラムセットはデカい。
もちろん、パーツごとにバラバラに運ばれてくるのだが、そのパーツは多いしデカい。だから、ビッグネームのバンドのドラマーでなければ「一部」だけ持ってくことは多い。お金も人手も足りないからだ。
例えばスネアドラムとペダルだけとか。スネアとは「ツ・ツ・タン」のタンの部分で叩くドラムだ。ペダルとは真ん中の一番デカいバスドラムを(X JAPANとか書いてあるやつ)足で踏んで鳴らすための機材だ。

一部だけだとしても、それは「こだわり」だ。そこだけは譲れないという「こだわり」だ。

しかし、そのあるバンドのドラマーは尻のポケットにドラムスティックを2本だけぶっ刺して現れたという。「ちわーす」みたいなお気楽な感じで。「今日使うドラムどれっすか?」みたいな感じで。持ち込みの機材はそのスティックだけという。スティックを機材というかは知らないが。

そのプロドラマーいわく「とりあえず3点あればどうにでもなるんで」だという。
3点とは上に書いたスネアドラムとバスドラムと「ツ・ツ・タン」のツ・ツの部分でたたくハイハットだ。シンバルが上下重なったようなやつだ。説明が難しい。写真を見てくれ。
ドラムセット
この3つがあればなんでもできるんで、という話だ。自分の持ちドラムじゃなくても。

「こだわらない」男だ。

もちろん、本番は3点だけでやったわけではないが。あ、それだけでやるスタイルもなくはないけど。そして、それは見事なドラム演奏を披露したそうだ。

「こだわらない」がかっこいい例だ。だぶん、このドラマーならサルが叩くおもちゃのドラムでも見事な演奏をするに違いない。

では、ランナーがこだわるものといったらなんだろう。当然ランニングシューズに決まっている。
ランニングシューズにこだわるランナーと、こだわらないランナー。どちらがかっこいいだろうか。

先日、ランニングシューズに「こだわらない」ランナーと飲む機会があった。男だ。
もしかしたら、多くのことに「こだわらない」男なのかもしれない。

そう思ったのは、モンゴルの話で、だ。
その話の中で、男の「こだわらない」が垣間見えたんだ。

その男はモンゴルで生活したことがあるという。
海外青年協力隊、みたいな話だったと思うが、詳しいことは忘れた。酒飲んでたので。

ところでモンゴル、と聞いてあなたは何を連想するだろう。
第69代横綱の白鵬だろうか。いや、同じ横綱ならやっぱり朝青龍の方がモンゴルのイメージが強いだろうか。
あとはゲルとか呼ばれる移動式住居に住んでいる遊牧民がいるとか。
もしかしたらモンゴル800を連想する人もいるかもしれない。「ほ~ら、あーなたにとって、ほにゃららな」の小さな恋のうたでおなじみのあのバンドだ。
超有名な曲だが、多くの人が「ほ~ら、あーなたにとって」の部分しか歌えないことはよく知られている。

ちなみに上記がオレがモンゴルで連想できるすべてと言っていい。無知で申し訳ない。そんな(どんなだよ)モンゴルでその男は何を「協力」してきたのだろう。海外青年協力隊だったとして。

オレの持つイメージとしては、農業を教えたり井戸を掘ったりって感じなんだけど。無知で申し訳ない。それにしても、その男が「協力」してきたことは、とても意外なことだった。

野球を教えていたという。

どういうこと?よくわからないことになっている。
その経緯を詳しく聞かなかったので想像だが(聞いたかもしれないが忘れたゴメン)、その海外青年協力隊みたいなので「モンゴルで野球を教える人」の募集があったとは思えない。

海外の途上国や恵まれない地域(って認識で合ってるかな)に行ってその発展に協力したいと思って、志高く参加したら「野球を教えてくれ」と言われたのではないか。その男が元野球部だったということが関係しているかもしれないが。

いや、仮に「モンゴルで野球を教える人」の募集があったとして、そこに手を挙げるのは容易なことではない。その男は元野球部だとしても、別に野球のコーチではないからだ。
オレも元野球部だがオレだったら断ると思う。農業を教えたり井戸を掘ったりがその仕事だと思っているし、モンゴルの人に野球を教える自信がないからだ。

しかし、その男はそんなちっぽけなことに「こだわらない」。それが海外のためになるなら教えてやろうじゃねーか、ってことで参加したのだろう。

そんな男も、今は日本に帰ってきてランナーだ。
ラン仲間として飲んだ。そこで避けて通れないのが「持ちタイム」の話だ。
その男はフルマラソンを3時間15分で走るという。しかも、まだ数回しかフルマラソンを走っていないというから、そのうちサブ3もクリアするだろう。
これだけでかなりムカつく、いや、その才能がうらやましいのだが、そうなれば次に気になるのはランニングシューズの話だ。

これもラン仲間の飲み会で避けては通れない話だ。今なら例の厚底シューズを履いている履いていないも一つのポイントになるかもしれない。
一体その男は「何を履いて」フルマラソンを3時間15分で走り抜けたのか。オレは聞いた「で、何履いて走ってんの?」
オレがOnのシューズが好きで、ランニングシューズにこだわりがあることは知っている。だからだろうか、申し訳なさそうにこう答えたんだ。

「アディダスの・・名もなき靴です」

「こだわらない」だ。それで3時間15分・・ムカつ、いや、かっこいい。
オレもそんなランナーになりたい。いろいろこだわらないけど速いランナーに。そしてオレも言ってみたい。

「名もなき靴です」と。

それをかっこいいと思うオレは、どちらかといえばランニングシューズに「こだらわらない」ランナーを目指しているのかもしれない。

実はオレがOnのシューズを好きな理由がそこにある。いや、しっかり「名」はあるだろ、って話なんだけど。そうなんだけどブランドのコンセプトがさ。正式な文言は忘れたけど「どのモデルでも気に入ったやつ履けよ」ってコンセプト。もちろん、そんな乱暴な言い方じゃないよ(笑)でも、特にこれがトレーニング用、サブ4レベルの人用、シリアスランナー用、とかに細かくカテゴリ分けされたいないんだ。
タイム的なところで「こだわっていない」ということだ。オレの解釈では、だよ。「履いていて楽しい」にこだわっていると思う。そこが好きなんだ。

まぁ、結局どれ履いてもオレのタイムは大して変わらないからな。うるせーわ!

いやいや、ランニングシューズにとことんこだわるのもまた、ランニングという趣味の面白さだということもわかっているよ。でも、こだわらないのもかっこいいじゃない。

そういえば、今回のラン仲間飲み会は、あんまりランニングのこと話さなかった気がするな。何の飲み会だったんだろ(笑)オレ的に一番盛り上がったのは、もう一人の男がオレと好きな作家がかぶっているということで。奥田英朗と吉田修一の話、もっとしたかったな。

オレはラン仲間の飲み会だからといって、ランニングの話にはこだわらない。

ところで、飲み会のあと、わけわからないことが起きて・・



いつものポーズで写真を撮ろうと思ったら、知らない人たちが(酔っ払い)集まってきて。いや、みんなポーズ上手すぎだろ!つうか、誰なんだよ!写真撮ったらサーっといなくなって。一言くらい「イェーイ」とかつってハイタッチとかあるだろ。サーっていなくなったからね。サーっと。

一体、アレはなんだったのだろう。いろいろと楽しい夜でした。



関連記事

















スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. ゴキゲン
    • 2020年01月28日 12:56
    • 昔、将棋をやってて道具もピンキリであるんですけど、違うのは「音」ですw
      マラソンは靴が騒がれてることもあってこだわる人が増えてますよね
    • 2. シブケン(管理人)
    • 2020年01月29日 10:23
    • ゴキゲンさん
      へー!!音!
      知らない世界はおもしろい。
    • 3. sakana2053
    • 2020年01月31日 11:20
    • 5 私は、ランニングシューズにこだわる男だ。
      しかも、人とはこだわりが違う男だ。
      デザインや、ブランドではない。
      そう








      値段だ
      安ければ安いほどいい
      1000円くらいで買いたい

      そう


      私は



      貧乏ランナーだ


      かっこわりーな!!
      こだわってんのに、なんかかっこわりーな!!

    • 4. シブケン(管理人)
    • 2020年01月31日 15:04
    • sakana2053
      いやいや、かっこいいですよ・・とは言えませんが(笑)
      何にこだわるかは、人それぞれの自由だ!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット