「走る」というのは「前に進む」ことだ。

なんて言うと、いやいや後ろにだって走れるだろ、とかいう人がいるかもしれない。しかしそれは違う。その場合は「後ろに」という言葉が必要になる。前に走る場合は「前に」という言葉は必要ない。なぜなら、「走る」というのは「前に進む」ことだからだ。

たとえば、咄嗟の時に「走れ!」と言われて後ろ向きで後ろに走り出すやつはいない、ということだ。必ず前に走り出す。なぜなら、「走る」というのは「前に進む」ことだからだ。

マラソンは選択するスポーツだ。ランナーはあらゆる場面で選択を迫られる。

初めての距離のレースに挑戦するのかしないのか。選択しなければならない。

外は雨だ。走りたくない。だけど、大会が近いから走らなければならない。どのくらい本気で大会に挑むのか選択しなければならない。

レース中、脚が痛くてリタイアしたい。でも、走れない訳でもない。選択しなければならない。
この大会でなんとしても自己ベストを更新したいのか、今後のために勇気ある撤退を決めるのかを選択しなければならない。どちらが正解なのかはわからないが、選択しなければならない。

ランナーはあらゆる場面で選択を迫られる。

なんかマラソンめんどくせ、そう思うかもしれないが安心してほいしい。選択の場面で答えを出すのは、意外に簡単だ。多くの場合、その選択肢は2つしかないからだ。

「そこで止まる」か「前に進む」かの2択だ。

さらに、ケガなどの肉体的な問題がなければ、答えは決まっている。選択する必要もない。

答えは「前に進む」だ。

なぜなら、ランナーは「走る人」だからだ。「走る」というのは「前に進む」ことだ。そのことを、経験上、多くのランナーが知っている。「前に進む」しかないことを。「そこで止まる」のはランナーをやめる時だ。

2020年東京マラソンの一般ランナーの参加が中止になった。

オレは抽選にはずれて出走権はなかったので「あらら~」くらいにしか思わなかったけど、走る予定だったランナーはとても残念だったと思う。
ブログやSNSを見ていると、東京マラソンをシーズン最後のレースにしているランナーも多いようだ。最後のレースが中止って残念すぎるだろ!せっかく、それに合わせて走り込んできたのにね。さらに参加料1万6千なにがしの参加費も戻ってこないという(2020年2月18日現在)

まぁ、何回かマラソンレースを走ったことがあるランナーであれば、大会が中止でも多くの場合で参加料が戻らないってことはなんとなく知っているのかもしれない。
いまいち納得できないけど、でもしょうがないか、って雰囲気はある。と思う。参加申し込みの規約に書いてあるとかなんとかで。

でも、ルールじゃなくて気持ち的に「金返せバカやろう」ってのはあるでしょ(笑)
理由はどうあれ、けっこう直前の中止だ。笑って流せるレベルでもないだろう。だけど、そんな不満を口にするランナーは少ない。少ないっていうか、誰もいない。オレの知る限りでは。(オレの知る限りは狭いけど)
「出来ればお金返してほしいけどね」ってレベルはいるけど、「金返せバカやろう」ってのはいない。なんか文句言ってるのは、テレビのコメンテーターとか関係のない第三者だけのような・・

どうして不満を口にするランナーがいないのか(オレの知る限りで)その答えはわかっている。

「前に進む」しかないからだ。

なぜ「前に進む」しかないのか。ランナーだからだ。
そっか、しゃーない次いこ次、だ。すばらしいマインドだと思う。
オレは以前このブログで、ランナー同士の飲み会は「未来の話」ばかりなので楽しい、みたいなことを書いた。それに通ずるマインドだ。「前に進む」しかないマインド。



「走る」というのは「前に進む」ことだ。




関連記事








スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. tomo
    • 2020年02月19日 23:00
    • 5 ランナーは前に進む。
      当たり前っちゃあ当たり前ですが。
      涙腺決壊の名言です。

      毎度楽しみに読ませてもらってます。初コメントです。ウルトラはまだまだですか、まずはサブ4を達成したい56歳でした。
    • 2. ゴキゲン
    • 2020年02月20日 00:06
    • 中止は大都市マラソンだけかと思っていたら、奥久慈湯の里大子マラソン(ハーフ)も中止になってしまいました。超残念ですけどお金返金は微塵も思いませんね。即座に思ったのは練習のプラン変更と1人ランでマジ走りする練習するのやだなーってことです。
      やっぱ未来ばかり考えますね。あと、ラーメン我慢した過去に申し訳ないくらいかなw
    • 3. シブケン(管理人)
    • 2020年02月20日 19:24
    • tomoさん
      うれしいコメントありがとうございます!
      サブ4やったりましょう!そしてウルトラもお待ちしております(笑)
    • 4. シブケン(管理人)
    • 2020年02月20日 19:27
    • ゴキゲンさん
      中止については、考えてもよくわからない状況になってきましたね・・
      まぁ、ラーメン食って走っときましょう!
    • 5. トム
    • 2020年02月21日 07:47
    • シブケンさん

      ランナーは前に進むもの。

      良い言葉ですね。

      自分も東京マラソンは4年連続落選中で、静岡マラソンを本命レースに練習を重ねてきましたが、静岡も中止となりました…涙涙

      報告遅れましたが、今年に入ってハーフ1時間32分、10㎞42分とシブケン超え達成しました!
      この勢いで静岡は3時間20分切りを目指してたので、ショックが大きかったです。あっ、参加費未返金については全く問題なしですよ。

      でもすぐにこの言葉を思い出して気持ちを切り替えました。

      現在、静岡に向けて疲労抜きに入ってましたが、明日から富士登山競走仕様に練習内容を変更します!
      数週間、山練習を開始する時期が早まったと前向きに捉えてます。

      素晴らしい言葉をありがとうございました!
    • 6. シブケン(管理人)
    • 2020年02月21日 14:28
    • トムさん
      どの距離でもオレ負けてるの?やべー!!
      これはマズいな・・そろそろ本気出していくか!(すでに出しまくってるけど)
      しっかし大会中止にはまいりますね~
      ま、これを機に毎年と違うトレーニングをしたり、初めての大会に出たりもおもしろいかもしれませんね。
      とりあえず今年はサブ3.5めざします!大会が開催されればですけど(笑)
    • 7. のり
    • 2020年02月21日 17:43
    • 僕は、東京パラに出る。道下美里選手を応援しています。別府大分マラソンで、世界記録を作った人です。しかも年齢は、43歳です。僕の3つ年下です。凄いとしか言いようがない❗
    • 8. シブケン(管理人)
    • 2020年02月22日 15:53
    • のりさん
      世界記録!調べてみたら2時間54分22秒!すごい・・
      東京パラリンピック、期待大ですね!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット