参加費を払ってまでマラソン大会に出ることについて、こんなことを言われることがあると思う。
「なんで走るために金払うの?」みたいなことを。「勝手にその辺走ればタダじゃん」みたいな理由を添えて。まぁ、マラソンを趣味にしていない人からしたら、純粋な(好意的に考えれば)疑問かもしれない。

ちょっとケンカ腰の人だと「苦しむために金払うとかMなの?」とか言ってくるかもしれない。
もっと心無い人だと「わざわざ大会に出て走るって、日本新記録でも狙ってるのか?」なんて言ってくるかもしれない。
そんなこと言われたことない?そ、そう・・オレの周りだけ心無い人が多いのかな(笑)

そんな疑問(あるいはヤジ)に対して、オレはこう答える。「確かにそうだな」と。
だって、確かにそうだからだ。

その辺を走ればお金はかからない。オレが大会に出たところで日本新記録を出せるわけもない。それどころか毎回無様な姿をさらけ出す。フォトサービスで見るゴール間際の自分の無様さといったら、なんつーか、死にたくなる(笑)

そんな思いをしてまで、なぜマラソン大会にエントリーするのか。
オレにとって、市民ランナーにとって、マラソン大会とは何なのだろう。

「大会中止」が止まらない。

コロナだ。今さら説明する必要はないだろう。
2020年3月1日開催の東京マラソンにおける一般ランナー参加中止が、事の始まりだったろうか。
それ以降のマラソン大会は、ほぼほぼ中止になっているのではないか。
3月と言えば各地でマラソンシーズン最後の大会が多いと聞く。それが中止になるって残念すぎるよね。

オレの住む北海道は、4月からがマラソン大会シーズンだ。オレは5月以降の大会しかエントリーしていなかったから、コロナによる大会中止の直接的な影響は、まだ「なかった」んだ。(4月北海道開催のいくつかの大会は中止になっている)
いつものように東京マラソンも抽選ハズレたしな!!(笑)

そして本日2020年3月17日。
オレがシーズン初めの大会としてエントリーしていた5月5日開催の「豊平川マラソン」の中止が発表された。
豊平川マラソン中止

ついにきたか・・

とても残念だ。
そんなことを口にすると、オレの周りにだけいるのかもしれない心無い人が、こう言ってくるかもしれない。
「そんなに走りたかったら、勝手に一人でその辺走ってればいいべや(北海道弁)」なんて。
今度は「確かにそうだな」とはならない。

「バカやろう、大会もねーのに走れるわけねーだろ」

そう、オレは断言できる。大会にエントリーしていなかったら、オレは走らない。
どんな断言だよ。

大会があっても無くても、日常的に習慣として走り続けるのが理想のランナー像かもしれない。でも、オレはダメだな。大会あってのランニングだ。そうじゃない時期もあったかもしれない。だから、別に大会にエントリーしていなくても、習慣として走っていた時期もあったかもしれない(遠い目)

だけど、少なくともここ数年は大会あってのランニングだ。なんせ走りたくない日が多い(笑)。
でも走る。大会にエントリーしているからだ。
大会で自己ベスト更新するために走る。自分を追い込んで走る。雨の日だって走る。大会にエントリーしていなければ、オレはそんなことできない。

「恐怖」がオレを走らせることもある。

例えば6月にエントリーしているサロマ湖100kmウルトラマラソン。オレにとって50km~70km区間は地獄だ。
今年もまたあの区間を走るのか。「恐怖」だ。それを考えれば走らずにはいられない。ソファーに寝転がってポテチ食ってる場合じゃない。
少しでも走力をアップさせ、少しでもダイエットしなければ、また過去に見た地獄を見ることになる。



例えば7月にエントリーしている大雪山トレイルジャーニー70km。
本当の意味で死ぬかもしれない(半分冗談、半分本気で)「恐怖」がオレをエレベーターやエスカレーターから遠ざける。
毎日の通勤で地下鉄の駅から地上に出る時、必ず階段を登る。そう、ここは大雪山だ。どんなに疲れていようと、オレは登り続けなければならない。そう思って、オレは階段を駆け登る。


だいぶ経験を積んできた、フルマラソンだってナメてはいられない。
何回走ったって、42.195kmは42.195kmだ。当たり前だ。当たり前に遠い。
よっぽどのことがない限りサブ4は死守できるようになってきたが、その「よっぽど」が「恐怖」だ。
レース後半、脚がツってしまうかもしれない。靴擦れに苦しめられるかもしれない。脱水症状で頭がクラクラしてくるかもしれない。「よっぽど」のことだ。もう、その言葉の響きだけで怖い。よっぽど。「よっぽど」は「恐怖」だ。

その「恐怖」から逃れるために、日々走らなければならない。

オレにとって、マラソン大会は走る原動力だ。そんな市民ランナーは多いと思う。そうだよね?それが「恐怖」だとしても(笑)

それでいいと思っている。大会があるから走る。それでいい。
走りたくない日が多いといっても、走った後は間違いなく「走ってよかった」と思えることはわかっている。
だったら走る理由なんてなんだっていい。「恐怖」でもいい。そのうちまた、習慣として走る時期も来るのだろう(来る?)

その走る原動力となるマラソン大会が軒並み中止になっている。コロナめ。
今後、もしかしたらシーズン(北海道のシーズンは4~11月)すべての大会が中止になるかもしれない。
だからといって「走らない」選択肢はない。なぜなら大会は「あるかもしれない」からだ。「あるかもしれない」以上、走るしかない。
空き巣の被害にあったことはなくても、出かけるときはドアにカギをかけるように。

ここで、オレの大好きな言葉を紹介したい。このブログでも何度も紹介してきた言葉だ。

勇気をだしてエントリーして、恐怖に打ち勝ってスタートラインに立ったアナタ、すでに勝者です。おめでとう。

岩本能史

って、ことはだよ?
仮に大会が中止になってもさ、その日まで目標に向かって走り続けたら、オレ勝者じゃね?
マラソンの「本番」は大会で走ることではなく、それに向かって日々走ることなのかもしれない。

ところで、コロナなんだけど。まだ不明なところは多いとは思う。
でも、とりあえず、ランニングとか外での運動は感染リスクは小さいとのことだ。
よ、よかったな!
こんな時でも、思う存分走れるぞ!

やったー(棒)



関連記事








スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (12)

    • 1. ミチミチ
    • 2020年03月18日 12:57
    • めちゃくちゃ気持ちが同じです~同じ過ぎて嬉しく思います🍀ランナー同士頑張りましょうね~😃
    • 2. 2053
    • 2020年03月18日 16:02
    • 5 大会出たい~ですね。初めてのフルマラソンに向けて走り込んだのに。。
    • 3. てっぺい
    • 2020年03月18日 16:03
    • やったー。じゃあさっそく30km走でもします・・・?!
    • 4. シブケン(管理人)
    • 2020年03月18日 17:07
    • ミチミチさん
      別に走れなくなったわけじゃないですからね!
      手洗いうがいなんかに気を付けて、お互いがんばりましょう~
    • 5. シブケン(管理人)
    • 2020年03月18日 17:11
    • 2053さん
      もうちょっと走り込めってことですかね(笑)
      もう、あれですよ、初フルマラソンのうれしさ倍増ですよ!
      その日までがんばってください!
    • 6. シブケン(管理人)
    • 2020年03月18日 17:12
    • てっぺいさん
      いや、いつも通り10kmくらいにしておくわ(笑)
    • 7. 康一
    • 2020年03月18日 21:40
    • 5 初めてコメントします💦確かにエントリーは日々ランのモチベではありますね!僕も中止続きでゆるジョグばかり(笑)坂道ダッシュはやらなくなっちゃいましたね~
    • 8. 牛乳
    • 2020年03月19日 00:01
    • 4 知り合いが聖火ランナーに選ばれた。
      やたらそれを自慢してくる。
      そいつは、デブだ。全く走ってもいない。
      それは良いだろう。
      少しは走ってとけと言うと、走る意味わからん、疲れるだけ、マラソン大会なんて、道を封鎖して迷惑。と言いやがった。

      しかも、コロナ騒動で、聖火リレーがなくなる?かも知れんてので、白い靴買ったのに無駄になったら、金返せよな~。と言いやがる。
      (大人の事情で、無地の白い靴しか使用できないらしい)

      俺はそいつに言ってやったよ。
      貴様はランナーではない。
      ランナーの代表になる資格はない。
      即刻辞退してくれ!と。
    • 9. シブケン(管理人)
    • 2020年03月22日 12:52
    • 康一さん
      コメントありがとうございます!
      まぁ、こういうご時世ですからね・・たまには、のんびりランもいいのかも!
    • 10. シブケン(管理人)
    • 2020年03月22日 12:59
    • 牛乳さん
      あらら・・いろんな人がいますからね・・
      ところで、大人の事情で無地の白い靴しか使用できない、とかあるんですね~
      しっかし、オリンピック開催どうなっちゃうんでしょうね。
    • 11. マユミ
    • 2020年03月29日 11:50
    • 私も大会の為に日々頑張ってます。すでに3つの大会が中止になりましたが5月6月の大会は開催されると信じて!大会中止のお知らせがあるたびに次の大会までの準備期間が延びたと前向きに考えます。今回のコロナで走れる幸せを改めて実感しましたね!
    • 12. シブケン(管理人)
    • 2020年03月30日 13:20
    • マユミさん
      3つも!いや~大変なことになってしまいましたね・・
      「走れる幸せ」わかります。大会の中止は残念ですけど、一人で走ることはできますもんね。今のところは(どうなっていくんでしょう・・)
      まぁ、お互い出来る範囲で走り続けましょう!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット