カセットウォークマン
十数年前、オレがこんなスタイルでランニングしていた、と言ったら驚くだろうか。
できれば驚いてほしい。オマエならやりそうだな、とか言わないでほしい。

本当にこんなスタイルでランニングしていたんだ。

もちろん、ウエアじゃないぞ。ピンヒールだって履いていない。そこじゃない。
手に持つものを見てほしい。

ポータブルカセットプレーヤーだ。いわゆるカセットウォークマン、だ。

いや、それを説明するのになんでこんな写真をチョイスするんだよ、と思うかもしれない。
だって、これしかなかったんだ。フリー素材の写真が。いや、ホントに。カセットウォークマンの写真なんて持ってないし。
ウケ狙いではない、といったらウソになるが(なるのかよ)、ホントに昔のウォークマンの写真を見つけられなかったんだ、すまん。フリー素材でね。だから、ファッションについては気にしないでくれ。
主役はあくまで手に持ったウォークマンだ。

オレがランニングを始めたのは、かれこれ十数年前になる。
その当時、オレはこんな感じのゴツいウォークマンを片手に走っていたんだ。カセットテープ!で音楽を聴いていたんだ。
ここ十年くらいでランニングを始めた人には信じられないと思うが、本当にあった怖い話だ(笑)

いやいや、時代設定おかしいだろ、ポータブル音楽プレーヤーの歴史に詳しい人は(誰だよ)異議を唱えるかもしれない。
確かに十数年前といっても、ポータブル音楽プレーヤーの主流は、すでにカセットウォークマンではなかった。

MP3データなんかを再生できる、ポータブルデジタルオーディオプレーヤーなるものは存在していたからね。今とそれ程違わない小さなサイズ感で、これに何百、何千曲も入るとかウソだろ、と驚いたものだ。
しかし、一流メーカーのそれは、まだ安価に買えるものではなく一般的ではなかったと思う。よくわからないメーカーの安物もあったのかもしれないけど、気軽にアマゾンでネットショッピングする時代でもなく、その安物を手に入れる手段はなかったんだ。オレの住む街では、ということだけど。

CDを再生するディスクマンなるポータブルCDプレーヤーは持ってたんだけど、あれは走ると音飛びするからダメだ。
つーか、カセットウォークマンよりデカいし(笑)
ポータブルMDプレーヤーは振動に強いと聞いたことはあるけど、それは持っていなくて。

だから、外に持ち出せるポータブル音楽プレーヤーはカセットウォークマンしかなかったんだ。しかもゴツいやつ。

そこまでして音楽聴きながら走りたいか?と思う人もいるかもしれないけど、オレはとにかく聴きたかった。なぜならオレは音楽好きだからだ。
まだランニングを始めたばかりで、ランニング用のリュックやウエストバッグ的なのを持っているはずもなく。だからゴツいカセットウォークマンを手に持って走るしかなかったんだ。

カセットウォークマンといえども、スリムな筐体のものもあったと思うけど、オレのはとにかくゴツかった。
でも、それほど恥ずかしくもなかったんだ。今ほど、他のランナーとすれ違うことも多くなかったように記憶している。それにスマホもなかったから、ツイッターとかインスタで、その姿を晒される心配もなかったし。
今なら写真撮られて「カセットウォークマンおじさん」とかってイジられるわ、きっと(笑)

今は音楽を聴くことに関しては、ホント便利だよね。

スマホ一つあれば話は終わりだ。自分で音源さえ用意しなくていい。
いくつかのサブスクリプション音楽配信サービスを駆使すれば、聴けない音楽はほぼないだろう。

ここ十数年のデジタルテクノロジーの進化は、「音楽」に関する環境を大きく変えた。
CDが売れなくなった、なんてプロミュージシャン的には問題もあるのだろうけど、オレたち聴く側にとってはいいことしかないと言っていい。

あとオレ、趣味で長年バンドをやってるんだけど、バンドのオリジナル曲の音源をつくる作業もバカみたいに楽になったよね。録音な録音作業。昔はそれこそカセットテープに録音してたから、編集作業も大変だったんだけど。
今はPCでちょちょいのちょいだからね。昔に比べれば、と言う意味のちょちょいのちょい、ね。
いろんなことが無限にできるようになったから(デジタル処理で音が劣化しないから)逆に終わりが見えない苦労はあるけど。
もっとよくなるんじゃないか、もっとよくなるんじゃないかって終わりが見えない。数時間作業したあげく、最初の方がよかったなって、結局もとにもどることはよく知られたことだ。

録音作業が楽になったからといって、いい曲をつくれるかはまた別の話だ。まったくの別の話だ。

まぁ、オレのバンドの話はいい。すごくどうでもいい。
ランニング時の音楽だ。本当に便利になった。ゴツいカセットウォークマンがスマホでブルートゥースイヤホンだもんね。

オレがランニングを始めた頃。ゴツいカセットウォークマンを片手に走っていたあの頃。マラソン大会に出るなんてこれっぽっちも思ってなくて。GPSウォッチなんてあるはずもなく、自分が走ってる距離もよくわかってなくて。

一言でいえば、テキトーに走っていたんだ(笑)

それでも、楽しかったんだろうね。走り続けたってことは。

コロナでさ。最近、一段階気持ちを切り替えたんだ、ランニングに関して。いや、走るよ。健康維持にはいいと思ってるし、天気のいい日は気持ちいいからね。

でも、しばらくはテキトーに走ろうと思って。
そう、ゴツいカセットウォークマンを片手に走っていたあの頃のように。

いや、オマエいつもテキトーだろって話もあるけど。うるせーわ!
大会もしばらくなさそうだし、テキトーでいいだろ!あんまり追い込むと、免疫力下がるって話もあるし。オマエそこまで追い込んだことねーだろって話もあるけど。うるせーわ!

しばらくは、なるべく人のいないコースとか時間帯を考えてテキトーに走っとくわ。
気楽に、がんばらないでテキトーに。がんばらないで走るの得意なんで(笑)

そして、大会が再開される日がきたら、またがんばって走ろうと思う。
この不安な日々を走り続けているランナーのみなさんも、くれぐれもコロナには気を付けて。
いつの日かまた、あのエアーサロンパスのニオイ漂うマラソン大会の会場に集まりましょう!



関連記事












スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. てっぺい
    • 2020年04月14日 17:20
    • 今はマラソン大会は無理ですね・・・。
      私は、今週末に行われるはずだった伊達ハーフマラソンを自分の中で消化するため、一人で第1回てっぺいハーフマラソン大会を開催します!!今年はエントリーして中止になった大会と同じ日に同じ距離を走ることが目標です。

      でも、単独走で全力って苦行ですよね、絶対タイムは落ちます(笑)
      ひとまず、今週末はキロ5の1時間45分を目指して・・・。今から週末が憂鬱です。(やめればいいんですけど)
    • 2. シブケン(管理人)
    • 2020年04月14日 18:49
    • てっぺいさん
      とりあえずは、元気そうだね(笑)
      こんな状況だし、お互いくれぐれも無理はしないでいこう!
      厳しい状況になる前に飲んでおいてよかったね。けっこうギリだったけど。
    • 3. ゴキゲン
    • 2020年04月14日 20:47
    • こちらもテキトーに走り続けてます。
      10月のマラソンも中止が決まったし寂しい限り。でも学生とか中高3年生は部活の集大成の人もいただろうし、今年が特別ではない我々おじさんおばさんは我慢ですね。
    • 4. シブケン(管理人)
    • 2020年04月15日 10:05
    • ゴキゲンさん
      確かに我々おじさんおばさんには特に「節目」はないですからね。
      まぁ、先が短いってのはありますが(笑)
      今はテキトーに走り続けて、いつかくる「その日」につなげましょう!
    • 5. のり
    • 2020年04月15日 15:02
    • ジムが緊急事態宣言で1ヶ月自粛になったので、雑誌ターザン見ながら家トレしてます。
      結構キツイすっよ。
    • 6. シブケン(管理人)
    • 2020年04月15日 17:23
    • のりさん
      私もコンビニとかでターザン見かけるたびに筋トレしなきゃ(よく筋トレ特集やってますよね!)って思うんですけど、なかなか始められなくて・・
      この機会にやってみようかな~
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット