走りたくないときに、どうやって走るのか。そのモチベーションを上げる方法。
これは多くの市民ランナーが抱える最重要課題の一つだろう。

「走りたくないなら、走らなきゃいいじゃない。」

なんて、マリー・アントワネットよろしく「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」的な、つっけんどんな物言いをする人もいるかもしれない。

なんかそれ、例え方、違ってね?
そ、そうか?うん、そうだな。ちょっと違うかもしれないな。

じゃあ「走りたくないなら、スキップすればいいじゃない。」でいい?

いや、そっちじゃなくて。マリーアントワネット側に寄せてどうすんだよ。
例えた方が違うって話。

ま、難しい話は置いといて。

やっぱ本だろ、本。本を読もう。
走りたくないときは、本を読んでモチベーションアップといこうじゃないか。

「違う自分になれ」岩本能史


岩本能史は現役のフットレーサーだ。マラソンを走っている。
マラソンの中でも、100キロ以上走るウルトラマラソンが主戦場だ。

この本は、そのウルトラマラソンの中でも、最も過酷なレースの一つと言われている「バッドウォーターウルトラマラソン」を走った体験記のようなものだ。

「バッドウォーターウルトラマラソン」は、毎年、アメリカはカリフォルニア州のデスヴァレーで開催されるレースだ。時には気温が50度を超えることもあるという。灼熱のレースだ。距離は217キロ。意識が朦朧として幻覚を見ることもあるという。

なんだか知らないが、説明に出てくる字面を見ただけで震え上がる。

デスヴァレー
バッドウォーター
気温が50度
距離は217キロ
意識朦朧
幻覚



怖ろしい。


それに比べて、オレがもっとも過酷だと思っている、真夏の北海道マラソンはどうだ。

場所は札幌市民の憩いの場、大通公園がスタートゴール。地下鉄でアクセスもらっくらく!
気温はバッドウォーターの半分の25度前後。
距離はバッドウォーターの5分の1の42.195キロ。


へなちょこだな!

とは、ならない。事はそう単純じゃない。
過去に走った北海道マラソンは、すべて撃沈している。そう、オレがへなちょこだ。

それでも、この本を読むと、プロの岩本さんでさえ苦しみ挑戦している姿を見ると、
「よし、オレもがんばってみっか!」って気持ちになれる。

本の中の感動したシーンを一つ挙げたい。

岩本さんは、このレースに初出場したとき、残念ながらリタイアしてしまうんだ。
途中の休息ポイントになっている、あるクラブハウスでリタイアを決断する。

そこである日本人ランナーと知り合うんだ。けっこう年配のランナーだ。その界隈では有名な人らしく、何度もこのレースを完走している人だ。

レースをリタイアすることは辛いことだ。
プライド、悔しさ、自分否定、いろいろな感情に押しつぶされそうになる。

次の年、その悔しさを胸に、岩本さんはまた挑戦する。
そして、去年リタイアしたクラブハウスにたどり着く。

そこである手紙を読むんだ。

レース前にあのベテランランナーに渡されていた手紙だ。
そこにはたった1行だけ、こう記してあったんだ。



「岩本がんばれ 岩本がんばれ」



この2回繰り返しが泣かせる。

とにかくがんばれ、という気持ちが伝わる。
これ以上の「がんばれ」を伝える手段をオレは知らない。

これを読んでから走ったレースで、苦しいとき、オレはその言葉を思い出して唱えてみたんだ。

「岩本がんばれ 岩本がんばれ」



効果はなかった。

なぜなら、オレは岩本ではないからだ。


この本、マラソンどうのこうの関係なく「読み物」として、とてもおもしろい。
走るのが嫌になったとき、ぜひ!

オススメです。


マラソン練習が嫌な時のオススメ本記事 他にもあります!

「チーム」 / 堂場瞬一

「走ることについて語るときに僕の語ること」 / 村上春樹

「BORN TO RUN」 / クリストファー・マクドゥーガル

「ひぃこらサブスリー」 / みやすのんき

「世にも奇妙なマラソン大会」 / 高野秀行





スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. SARUKO
    • 2019年06月23日 10:00
    • 5 シブケンさん!
      サロマ本番が近づいてきましたね(^ー^)
      シブケンさんなら、きっと大丈夫ですよ!

      「シブケンさん がんばれ
      シブケンさん がんばれ」です!

      何よりも、怪我なく、
      レースを楽しめることを祈っています!
    • 2. シブケン(管理人)
    • 2019年06月23日 19:37
    • SARUKOさん
      きたー!2回繰り返し(笑)
      本番まで1週間を切ったなんて信じられませんが、とにかくここまで大きなケガもなくたどり着きました。あとは本番がんばるだけです。そうですね、できるだけ楽しみたいと思います!コメントありがとうございました!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット