なかなかいいキャンプ場だ。オススメしたい。
本音を言えば、あまり教えたくはないんだけど(笑)

なぜなら、かなりコンパクトなキャンプ場だからだ。テントエリアは8区画(A~H)しかない。それプラス、日帰りキャンプエリアが2区画(I~J)あるだけだ。予約なしで使えるフリーのエリアは、ない。
だから、多くの人に知られてしまったら・・・予約の激戦まったなし!だ。
紅櫻テント区画
しかし、だ。
オレがオススメしたい理由に賛同してくれるであろう対象者は、それほど多くないかもしれない。このブログを読んでくれている人の中では、ということだけど。

その対象者は・・北海道は札幌市内もしくはその近郊にお住いの方だ。
「紅櫻アウトドアガーデン」キャンプ場は、先月(2020年7月)に札幌市内にオープンしたばかりの新しいキャンプ場だ。
オープンしたといっても、元々あった「紅櫻公園」内の「広場」が「キャンプ場」なっただけだ。だけ、ってこともないけど(笑)


北海道札幌市南区澄川389-6
電話011-581-4858
テントエリア1区画料金5,500円(大人4名まで)人数により追加料金あり。
宿泊チェックイン13:00 チェックアウト10:00
日帰りチェックイン11:00 チェックアウト17:00 
ゴミは各自持ち帰りです。
その他の料金などについては公式サイトをご覧ください。
「紅櫻公園」公式サイト(外部サイト)

オレがオススメしたい理由、その一番の理由は「家から近い」だ。家から車で15分で着いた。驚きの近さだ。
「あ、塩コショウ忘れた。家にもどって取ってくるわ!」が可能な距離だ。オレ、車での長距離移動が苦手だからさ。これだけで「ここ、サイコーだろ!」そう思ったよね。

バカやろう、おめーの家が近いとか知ったことか、それ以外のオススメポイントを教えろよ、そう憤慨される方もいるかもしれない。

特にはない。

なんて言ったら、怒られるだろうか。誉め言葉として聞いてほしいんだけど、「普通」のキャンプ場だ。

札幌市内とは思えないくらい緑豊かな森があって、池(元釣り堀)もある。
紅櫻-4
水場も2箇所あるし、トイレも新しくて超キレイだった。
もちろん水洗でウォシュレットも付いている。
紅櫻水場
水場(同じ規模のものがもう一ヵ所あります)


紅櫻-6
トイレ(新しいから超キレイ!)

札幌中心部から車で30分、地下鉄で手ぶらでも行ける都市型キャンプ場。
と、うたっているだけあって、テントやBBQコンロなど、キャンプに必要なものは一通りレンタルできる。テントエリアでビールやジュースも売っている。いつか手ぶらキャンプをやってみたいと思う(オレのあこがれ)。
紅櫻-1
すべてある、と言っていい。必要最低限かもしれないけど、キャンプに必要なものはすべて揃っている。コンパクトで危険も少ないと思われるので、小さな子供のいる家族でのキャンプなんかには最適かもしれない。
紅櫻キャンプ

紅櫻-7
そして、どことなく「フェス会場」みたいな雰囲気があって、ほのぼのしている。お手軽おしゃれソロキャンプなんかにもいいんじゃないかな。仲間何人かで貸し切って、イベント的なキャンプをするのも、おもしろいかもしれない。

そんなキャンプ場だから、もしかしたら本格キャンパーにとっては、少々満足できない部分があるかもしれない。「過酷さ」が足りないといえばいいだろうか。
アウトドア好きの本格キャンパーは、多かれ少なかれ「過酷さ」を楽しむ部分があると思う。それを求めている人には、少々物足りないかも。

オレも本格キャンパー、とまではいかないけど、まぁまぁキャンプの数はこなしている。いろいろなキャンプ場に行ったことがある。それらと比べると、どこか「物足りなさ」はあったかもしれない。

だけど、その原因はわからない。

だって、すべてあるんだから。森があるし池もある。テント立ててBBQで肉食ってビール飲んで焚き火をした。
これ以上、何が必要だってんだ?

やっぱり原因はアレかな。家から近いからかな(笑)

「なんかあっても、15分あれば家に帰れる」という心の余裕が「物足りなさ」につながっていたのかもしれない。キャンプの楽しみの一つに「家から遠い場所に行く」「都会の喧騒を離れる」というのがあるのかもしれない。仲間と車でドライブしながら、途中で買いものしたりして。やっと着いた目的地で、テント立てる前に「移動で疲れたから、まずはビールで乾杯だな!」とか。(いつものオレたち)
そこの楽しみがゴッソリ抜けてしまったから「物足りなさ」を感じたのかな。

ってことは、遠くから来ればいいってことか!
でも、やっぱりオレは気に入ったな「家から15分」。長距離移動が苦手だから。

「過酷さ」なんていらねーよ、テント立ててBBQで肉食ってビール飲んで焚き火をするだけでいいよ、それがキャンプだろ?っていう人にはオススメのキャンプ場だ。

ちょっとしたマイナスポイントがあるとすれば、テントエリアの近くまで車で行けないことかな。って言っても、駐車場からテントエリアまで100mあるかないかくらい。
でも、そのくらい体を動かさなきゃキャンプじゃないでしょ!

荷物を運ぶ用のリアカーとかキャリーワゴン(けっこう立派なやつ)も4台くらいあったから、それを使えば問題なし。
紅櫻-9
使う時間帯によっては、他のキャンパーとかぶることも多いので、自分でキャリーワゴン持っていった方が便利かもね。

もう一つのマイナスポイントは、トイレ行くときかな。けっこうな坂(階段あり)を登らなきゃならないんだよ。
紅櫻-8
トイレの近い人は、ちょっと大変かな。オレもね・・次の日、筋肉痛になったよね(笑)
でも、そのくらい体を動かさなきゃキャンプじゃないでしょ!

あと、アレかな。
平日は、三密を避けて、アウトドアでテレワークや会社のアウトドアミーティングに使ったり、週末、金曜日は仕事終わりに現地集合で仲間や家族とゆったりした週末を過ごしたり、日曜日はデイキャンプで野外BBQを楽しんだりなど、都心からのアクセスの良さを活かした様々な利用方法が可能です。
っていう提案している割には、テントエリアでのWi-Fi電波はギリあったりなかったりで。テレワーク大丈夫かな(笑)
まぁ、オープンしたばかりだからね!改善されていくと思うよ!
運営の方と話すことができたんだけど、そこはちゃんと把握していたし、これからどんどん改善していきたい、みたいな感じだったから期待してみよう!
いや、今のままでも全然いいんだけどね。手軽にキャンプしたい人にはオススメしたいキャンプ場だ。

最後に「肝試し」情報をひとつ・・
キャンプの夜のイベントとして、オススメしたいのが、いや、オススメはしないけど、怖いもの好きなあなたに「肝試し」情報だ。
トイレからちょっと奥の方に行くと、赤い橋があってね。日中にいくと素敵な景色なんだけど、その辺り、夜は真っ暗なんだ。
紅櫻-10
確か外灯らしきものはなかったような。
その橋の先に・・今は使われていない廃墟、までいかないけど古びた建物があってね。

超怖ぇ~から。

日中に行っても、窓見るのが怖いくらい。誰か中からこっちを見ているような・・
あそこ、夜、ぜってー怖いよ。怖くて行けないから。オレは行けなかった(笑)肝試しにどうですか?
いや、やっぱり、夜は暗くて危険かもしれないからやめておいた方がいいかな。立ち入り禁止ではないよ。とりあえず、日中に見に行ってみてほしい。なんか怖ぇ~から!
紅櫻肝試し
手前の赤い橋は絶対見に行ったほうがいいよ!特に紅葉時期はすばらしい景色みたいだからさ!



関連記事














スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. pen
    • 2020年08月23日 15:43
    • 2006年まで南平岸あたりに住んでいました。 紅桜はたしか昔サントリービール園だったんですよね、1~2回行きました。(アサヒビール百景園はもっと行きましたw)いい空気の中でゆったりといただくジンギスカンよかったですよ~。 それがそうですか、キャンプ場に!?へぇぇ!  
       塩コショウおもしろい!
    • 2. シブケン(管理人)
    • 2020年08月24日 13:10
    • penさん
      最近、ここ以外にも札幌市内・近郊にいくつかキャンプ場がオープンしているようで。
      近いことはいいこと!(笑)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット