マラソンを上手く走るためには、様々な技術を身に付けなければならない。

それはもう本当に「様々」で、挙げだしたらキリがないほどだ。
いやいや、マラソンの技術っていったら「ランニングフォーム」くらいだろ?そんなキリがないほどあるかよ、そう思うかもしれない。
しかしたとえば、完璧なランニングフォームを身に付けたとしても、ブカブカのランニングシューズを
履いていたら、その効果を発揮するのは難しいはずだ。そうならないために、この技術を身に付けなければならない。

「ランニングシューズを選ぶ技術」

自分の足に、走りに合ったランニングシューズを選ぶのは簡単じゃないことはよく知られている。

ちょっとしたサイズ選びの失敗はケガに直結する。
靴擦れの原因になるかもしれないし、黒ツメ(最悪ツメが剥がれる)の原因になるかもしれない。
それを回避するために、ギリギリジャストサイズを選ぶのか?つま先に指一本分の余裕を持たせるのか?自分の足の幅にはワイドタイプが合っているのか?その判断は難しい。ブランド・メーカーによって、サイズ感はまるで違うことは言うまでもない。「ランニングシューズを選ぶ技術」を身に付けなければいけない。

サイズ選びの技術がないとしても、スポーツ店のスタッフにアドバイスしてもらえば、なんとか自分に合ったシューズを選べるかもしれない。しかし、それだけで上手く走れると思ったら大きな間違いだ。シューズの性能を活かすも殺すも、この技術にかかっている。

「靴ヒモの結び方の技術」だ。

締め方の技術と言った方がいいか。
ヒモの締め方ひとつで、その履き心地、走りやすさは大きく変わる。ヒモはきつく締めた方がいいのか?緩い方がいいのか?それとも部分的に強弱をつけるのか?

レース本番になると、不安からか、いつもよりキツくヒモを締めてしまう人はいないだろうか。
走り始めてから「なんか右足の方がキツいな」と気になり出したらもうダメだ。「今のうちに、思い切って止まってヒモを調整した方がいいんじゃないか」「いや、走ってるうちに馴染んでくるだろ」そんなことが頭をグルグルまわって、肝心のランニングフォームやペースが疎かになる。そんな失敗レースの経験はないだろうか。
いつものオレです。それを回避するために身に付けておきたい技術がこれだ。

「気にしない技術」だ。

スタートのピストル音を聞いたなら、ヒモの締まり具合なんかを気にしてちゃダメだ。走ることに集中しなくてはいけない。仮にそれが原因で靴擦れが起きたとしよう。それでも、できれば気にしないで走り続けたい。もちろん、大きなケガに繋がるようであれば途中リタイアも考えなければいけないが。
しかしやっぱり、できれば今までの練習を無駄にしないためにも、ギリギリまで気にしないで走り続けたい。「気にしない技術」だ。

その他、レースのエイドにおいては「紙コップで水を飲む技術」はもちろん、「給水した後の紙コップを走りながらゴミ箱に投げ入れる技術」や「食べやすいスイカを選ぶ技術」も必要になる。

まだまだある。

「サングラスの曇りをキレイに拭き取る技術」や「風が強いときに帽子のツバを180度回転させる技術」があれば便利だし
「同じマラソン大会Tシャツを着ている人にあいさつする技術」だって、走るモチベーションアップには欠かせない技術だろう。

このように、マラソンを上手く走るために身に付けなければならない技術を挙げだしたらキリがない。
そして、これからの時代になくてはならない技術はこれだ。

「YouTubeを見る技術」だ。

デジタル的な技術のことではない。「真意を読み取る技術」だ。
本当に便利な時代になった。多くのエリート(たぶん)ランナーたちがユーチューバー?となりランニングについて発信している。ここ1、2年でその数は大幅に増えたように思う。
ランニングフォームを学ぶのにYouTube動画は最適だ。オレも最近とてもお世話になっている。よく見ている。
今まではマラソンメソッド本などで学ぶしかなかったが、文章や写真で理解するのには限界があった。動画は直接的に理解することができるから便利だ。

ただ、注意しなければいけないことがある。
エリートランナーユーチューバーが、必ずしも「伝えること」に関してエリートではない、ということだ。プロのコーチではないからね。もちろん、プロのコーチがやっているYouTube動画もあるから、それを見るのが正解かもしれないけど。でも、どこの誰だかわらないランナーのYouTube動画はおもしろい(笑)

そういう人たちは、まったく逆のことを言っている場合が少なくないんだ。
「骨盤を前傾させろ」という人がいれば「骨盤を前傾させてはいけない」という人がいる。
「かかと着地はブレーキになる」という人がいれば「かかと着地でも問題ない」という人がいる。

ここで「なんだよ、結局ひとそれぞれで正解なんかないんだな、見ても無駄だわ」と学ぶことをあきらめてはいけない。実は「真意としては同じこと」を言っている場合が多いんだ。それに気が付かなければいけない。

「YouTubeを見る技術」だ。

「骨盤を前傾させろ」という人も「骨盤を前傾させてはいけない」という人も、たどり着くのは「背筋を伸ばして」みたいな同じところだったりする。
「かかと着地はブレーキになる」という人も「かかと着地でも問題ない」という人も、たどり着くのは「いかにして脚に負担をかけないか」みたいな、ランニングエコノミーを高めるランニングフォームだ。

どうやら、ランニングフォームに関しては、先人たちが築き上げてきた「ひとつの正解」はありそうだ。細かい部分は置いといて、大まかな流れとしてね。
だって、突拍子もないこと言ってる人いないもん。「ヒザは曲げない方がいい」とか言う人はいない(笑)
だから、今のところ、どのYouTube動画を見ても学ぶことは多いと思う。
あくまで、オレが見た範囲では、ということだけど。「YouTubeを見る技術」は必要だけどね。

そして最後に、この技術だ。

「このブログに書いてあることは話半分で読む技術」



関連記事



















スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. MZ
    • 2020年10月28日 23:05
    • もう一つ。ランナーを楽しませる読み物を綴る技術。あるいは、フェンダーストラトのハーフトーンのように絶妙な音を聞かせる技術。(誉めすぎ?)読ませることに長けているなと楽しみにしています。
    • 2. シブケン(管理人)
    • 2020年10月29日 15:22
    • MZさん
      ありがとうございます。ブログ界のクラプトン目指そうかな(どんなブログだよ)
      褒められて伸びる技術には長けてます!(笑)
    • 3. 康一
    • 2020年10月29日 20:28
    • 4 期待通りの面白さでした!ランニング系YouTube見まくりです(笑)何が正しいのか何が間違いなのか…自分に都合良い情報だけは耳障りが良い(笑)みんなそうなんですかね~😅
    • 4. pen
    • 2020年10月30日 08:57
    • オチがさすがですね!(笑)
       あの、速いのに力んでない(力んでいるように見えない)動画のフォームは、長い地道な努力の積み重ねでなった結果であり、すぐマネできるものではないのでしょうね。  ・・・すぐできるようになりたいw
    • 5. シブケン(管理人)
    • 2020年10月30日 13:31
    • 康一さん
      ありがとうございます!
      ランニング系YouTubeおもしろいですよね~
      自分に都合良い情報だけ・・わかります。メソッド本とか読んでてもそうですもん。
      自分にやれることしかやらない、みたいな。だから上達しないんですけど(笑)
    • 6. シブケン(管理人)
    • 2020年10月30日 13:33
    • penさん
      動画を見てると、なんか出来る気がするんですけどね。
      でも、実際に走りだすと・・全然ダメっていう(笑)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット