スタートラインはどこですか?

40男が挑戦したり悩んだりのブログ。たとえばマラソンとか。笑ってください。

カテゴリ: マラソン

「スープカレー」という料理をご存知だろうか。北海道名物の一つになっているので、けっこう有名だとは思うんだけど。それとも、すでに全国区的な料理になっているのかな? この投稿をInstagramで見る AKATSUKI CURRY チキン・ダルカレー 5点/5点満点 オ ...

事件が起きたのは第1エイドだ。先週末2020年9月13日(日)、SAPPOROテイネオータムトレイル2020を走ってきた。33kmの部に挑戦だ。→SAPPOROテイネオータムトレイル2020公式サイト(外部サイト)オレにとってトレイルの大会は、去年走った「大雪山トレイルジャーニー40kmの部 ...

限界は何が決めるのか?走りながら死ぬやつはいない。その謎を解き明かすのが本書だ。トレーニングマニュアルではない。たとえば舞台はオリンピック。一世一代、人生をかけた勝負だ。あと少しで金メダルに手が届きそうな2位の選手がいる。死に物狂いで1位を目指して走るだろ ...

「おまえらマラニックって知ってるよな?」そこまで乱暴な言い方ではないけど、雰囲気そんな感じで問い掛けがあった。なかなかのスゴみだ。運営の代表の方だろうか。いいキャラです(笑)オレが参加した、ロングコース約26kmの部(実際は24kmくらいだったような)スタート前 ...

驚くべき結果をお伝えしたい。先日、フルマラソン42.195kmを走ったのに、脚が疲れなかった。最後まで脚がビンビン動いていた。 今日、最近練習しているフォアフット走法(全然できてないかもしれないけど)でフルマラソンを走ってみた。これはイケるかもしれない。脚にダメージ ...

それに何の意味があるのかはわからない。いや、たぶん意味などないのだろう。オレは今日「俺たちの北海道マラソン2020」とかいう企画に参加して、フルマラソンを走ってきた。企画というか、なんだろ。勝手にフルマラソンを走っただけ、と言っていいかもしれない。日本で唯一 ...

誰も信じてくれないと思う。もしかしたらオカルトかよ!って一笑に付されてしまうかもしれない。でも、思い切って言ってみたいと思う。フォアフット走法(フォアフット着地)の効果についてだ。その効果に驚いている。オレは今、ランニングフォームをフォアフット走法に改善 ...

まず、大迫傑を忘れる。そこから始めたいと思う。今、フォアフット着地に挑戦している。フォアフット走法と言った方がいいだろうか。ランニングの着地方法は、大きく分けて3つだ。ヒールストライク走法と呼ばれる、かかとで着地する方法。ミッドフット走法と呼ばれる、足裏全 ...

ランナー専用のSNSがあることをオレは知らなかった。ツイッターでもない。インスタでもない。フェイスブックでもない。TikTok、のことはよく知らないので置いておく。そのどれでもない、ランナー専用のSNSだ。昨日、とあるオンラインのランニングイベントに参加して知ったん ...

読んだよ。この乱暴な書き出しに、怒りを覚える人もいるかもしれない。なんせタイトルが「ランニング革命を読み解く」だ。「読み解く」と銘打っているからには、その内容はどうあれ「書評」の類のはずだ。その書き出しが「読んだよ。」だ。あたりめーだろ、って話だ。確かに ...

本気になれねーだろ。「オンラインマラソン大会」に対して、オレはそう思っていた。ひとりぼっちで走ったって本気になれねーだろ、って。ところがどうだ。気付けば、そんなオレが人生初の二部練(一日に2回走ること)までして距離を稼いでいたんだ。オレのランニング状況を知 ...

事態は急変した。「ランニング革命を読み解く~その1」を読んだ人は、さてはコイツ、いつまでも本は読まないで「外側」からダラダラとブログを書くつもりだな?そう思ったに違いない。 確かに。なんなら、本を読まないまま「その10」くらいまで(長げーよ)いくつもりだった ...

本を読み始めた瞬間に「間違えたかな」そう思った。意外な言葉で、いや、意外な登場人物でこの本が始まったからだ。出だしはこうだ。「ウサイン・ボルトは、・・」オレはもう一度、表紙を確かめた。タイトルは「ランニング革命」となっている。そして副タイトルが「もっと速 ...

やはり心のどこかに罪悪感があったのだろうか。マズいな・・オレはそう思った。雨の向こうに警察官が立っていたからだ。二人だ。検問かなにかだろうか。とっさにオレは言い訳を考える。いや、別に法を犯しているわけではないので、そのままを言えばいいはずだ。だけど、その ...

防水シューズのOn Cloud Waterproof(オン クラウド ウォータープルーフ) は、一足持っていて損はないシューズだ。雨の日なんか走らねーよ、といった人でもタウンユースにぜひ、だ。 たとえば雨の日の夜、水溜まりはどこにあるのかわからない。雨の中「夜通し」走ってみて ...

↑このページのトップヘ