スタートラインはどこですか?

40男が挑戦したり悩んだりのブログ。たとえばマラソンとか。笑ってください。

カテゴリ: マラソン

先に言っておくと、オレは過去にマラソン大会で途中リタイアしたことがない。もし、自慢に聞こえてしまったとしたら申し訳ない。そんなつもりはないんだ。先日も「なんでもない日に100km走る」という、なかなか過酷なチャレンジをしてきたのだが、途中リタイアすることなく、 ...

人間社会を円滑なものにするために・・時に潤滑油としての役割を果たすのがグレーゾーンだ。なんでも白黒ハッキリさせるのが正義ではないと思う。だって、ギスギスしちゃうじゃない。とはいえ、グレーゾーンはお互いの信頼の上に微妙なバランスで成り立つものだ。その微妙な ...

前から気になっているマラソン大会がある。「たんのカレーライスマラソン」だ。北海道は北見市で開催されているマラソン大会だ。→北見市ホームページ「たんのカレーライスマラソン」(外部サイト)今年、2020年9月20日(日)に開催予定だった第35回大会は、残念ながら新型コ ...

今ほどランニングが趣味でよかった、と思ったこともない気がする。オレの趣味としてのランニング歴はけっこう長い。と、思う。なんとなく走り始めたところから数えれば20年くらいになるし、大会に出るようになってからは、だから割とちゃんと走るようになってからは10年くら ...

先日、知り合いのランナーと話をしていて大いに盛り上がったことがある。めずらしく意見が一致したからだ。そう、そのランナーとオレは、ランニングに関する考えがまったく違う。そのランナーはバカみたいな距離を走る。だけどランニングシューズにそれほどこだわりはない。 ...

Onをご存知だろうか。スイス生まれのスポーツブランドだ。オレはOnのランニングシューズがとても好きで、ここ数年Onばっかり履いている。どのくらい好きかといえば、何か用事で東京に行けば「Onを見るために」必ずスポーツ店に足を運ぶほどだ。どこの田舎モンだよ(笑)いや ...

この時期を逃したら、もう二度とその習慣・成果を身に着けることはできないだろう。そう思われるものがある。筋トレだ。オレの上半身はタルんでいる。ランニングを趣味としているから、下半身はなんとかなっていると思う。だけど上半身はタルんでいる。ランニングを趣味とし ...

まずお詫びしなければならないのは、このブログで「なんとか問題」とタイトルがついただけでフザけた感じになってしまうことだ。過去に「マラソン大会Tシャツ問題」や「ランニングウェアしっちゃかめっちゃか問題」「いつもすれ違うランナー問題」など、ランニングにおける様 ...

最初に謝っておきます。不謹慎だったらごめんなさい。大丈夫だとは思うんだけど・・突然だけど「ウォーキングデッド」見てる?説明するまでもないが、アメリカの「ゾンビもの」の連続テレビドラマだ。今、シーズン10まできているらしい(2020年4月現在)オレはね、結構前にシ ...

目からウロコ、だ。パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない、だ。マンションのベランダでフルマラソンを走った男がいるという。フランスに住むエリーシャ・ノチョモヴィッツさんだ。2020年3月17日の話だ。コロナだ。いわゆるコロナウイルスの感染拡大を防ぐために、不要 ...

スイス生まれのスポーツブランド「On(オン)」のランニングシューズ「クラウドストラトス」を履いて55kmの道のりを走ってみたのでレビューしたい。途中、歩いてしまいました。ごめんなさい。でも、それはシューズには関係ない。ただの練習不足だ。ここ数か月、最長でも!15km ...

「走ってる人」と「走ってない人」はまったく違う。「走ってる人」とはシュっとしていて、「走ってない人」はボテっとしている。昨日、グループランニングに参加してきた。55km先の温泉を目指すランニングだ。集合場所で「走ってる人」たちに会った時、まず思ったのは「みん ...

朝ランは気持ちいい。それは澄んだ空気と「あいさつ」のおかげだ。朝ランですれ違うランナーとは自然な感じで挨拶を交わすことができる。「おはよーござまーっす」みたいに。そういうのがあまり得意じゃない、こんなオレでも。もちろん、すべてのすれ違うランナーと挨拶を交 ...

走っても痩せない。よく知られたことだ。原因はわかっている。余計に食べるからだ。走ったことを免罪符に。ダイエットのために走っていたつもりが、食べるために走っている自分に気付いたころには、もう遅い。走っている最中に「今日なに食べようかな」そんなことを考えてい ...

参加費を払ってまでマラソン大会に出ることについて、こんなことを言われることがあると思う。「なんで走るために金払うの?」みたいなことを。「勝手にその辺走ればタダじゃん」みたいな理由を添えて。まぁ、マラソンを趣味にしていない人からしたら、純粋な(好意的に考え ...

↑このページのトップヘ