スタートラインはどこですか?

40男が挑戦したり悩んだりのブログ。たとえばマラソンとか。笑ってください。

キャンプを成功させたければ失敗にそれを学ぼうではないか。先日のキャンプは残念ながら失敗に終わった。その模様を記しておく。誰かの参考になれば幸いだ。冬キャンプを計画する場合、ましてやそれが雪中キャンプともなれば、一番に不安になるはこれだろう。「寝てる間に凍 ...

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」有名な台詞だ。マリーアントワネットが言ったとか言わなかったとか。その真意のほどはさておき。身分の高い者が庶民の暮らしに疎いことを示す台詞として、よく知られている。でも、まぁ、そう言いたいのもわからないではない ...

タンポポを足に塗ったら、走るのが速くなる。誰も信じないと思う。そもそも意味がわからない。なぜなら、タンポポは「塗る」ものではないからだ。だけど、この話を真に受けて、足にタンポポを塗ったやつがいたんだ。オレだ。小学生だったころのオレだ。その日は運動会だった ...

オレはアクションカメラを手に走り出した。なにか面白いことができるかもしれないと思って。ランニングの楽しみ方はいろいろある。大会で自己ベストを目指すもよし、旅行を兼ねて知らない街の大会にエントリーするもよし、ラン仲間との会話を楽しみながらグループランするも ...

(最後に、このブログ初の試み、記事に連動した「動画」があるのでよろしければ。いや、連動っていうほど大したものじゃないけども・・)走って逃げる。大人になってからは、あまりないことだと思う。「逃げる」ということは、ままあるかもしれない。結婚のプロポーズに対す ...

いきなりな話だが、オペラを観てきた。2日前のことだ。ラン仲間が出演するというからだ。「ラン仲間が舞台の上でオペラを歌う」よくわからない状況だ。仮にそれが「ラン仲間」じゃないとしても、よくわからないと思う。なぜならオレは、オペラに関して無知だからだ。「近所の ...

先日のキャンプでやっと念願が叶ったんだ。キャンプでカップヌードルカレー味を食べる。これがオレの念願だ。そんなもんいつだって食えるだろ、そう思うかもしれない。確かにそうだ。カップヌードルは、お湯を沸かすだけで手軽に食べられるインスタント食品だ。その点で、キ ...

そういえば今年2021年の目標をまだ決めてなかったな。マラソン・ランニングにおける目標を、だ。決めなきゃな。もう1月も終わりだけど(笑)今年はいつも通りにはいかないかもしれない。去年2020年に世界は一変してしまったからだ。新型コロナウィルスだ。去年は多くの、いや ...

15戦15敗。これがオレの今現在(2021年1月現在)のフルマラソンの戦績だ。全敗だ。誰に勝ったとか負けたとかじゃない。ましてや優勝するとかしないでも、もちろんない。少々手アカの付いた表現になってしまうが、自分との戦に負けた、といったところか。42.195kmを快走できた ...

ランニングをする上で「雪上」は最悪の路面状態ではない。「かなりマシ」な方だ。だから気軽に雪上ランを始めてみてほしい。なんて言ったら「雪上」以上にどんな「最悪」があるんだよ!と気色ばむ人もいるかもしれない。たとえば「泥」だ。付け加えれば「泥の下り坂」だ。さ ...

助けてほしい。このままいけば、オレが欲しいと思っているランニングシューズが手に入らないかもしれないんだ。お金ちょうだい。もちろん、そんな不躾なお願いをするわけではない。ランニングシューズを買うくらいのお金は用意できる。明日から1ヶ月、梅干しでご飯を食べれば ...

この記事のタイトルは「雪中キャンプ入門」となっているが、アナタに「雪中キャンプ」の極意を指南するものではない。なぜなら、オレ自身、先日初めて雪中キャンプをしたばかりのビギナーだからだ。そう、オレが「入門」したんだ(笑)その時の装備なんかを記してみるので、 ...

今年2021年の正月、オレはいつもと同じように箱根駅伝を見ていた。そしてある時、選手が口にした「ありがとう」という言葉にとても感動し、涙した。おいおい、いちいち「ありがとう」という言葉に感動してたら、涙が止まるヒマないだろ、そう思うかもしれない。確かに箱根駅 ...

自由に走ることが許されない。そんな世界が訪れることを誰が想像できただろうか。新型コロナウィルス感染症の蔓延で、世界は一変した。ランナーが「悪」とされた時期が確かにあった。「走るならマスクをしろ」いや、「そもそも、こんな時に走るな」そんな雰囲気が新型コロナ ...

誰だってダメランナーにはなりたくないはずだ。オレだってなりたくない。できればみんなに「すごいランナーだね」と褒められたい。褒められたいから走っていると言ってもいいくらいだ。日々、SNSをのぞいていると、自分だけがダメランナーなんじゃないか、そんな気がしてくる ...

↑このページのトップヘ