スタートラインはどこですか?

50男が挑戦したり悩んだりのブログ。たとえばマラソンとか。笑ってください。

それはマラソン大会の場で初めて聞く言葉だった。たぶん地元の人だろう。無理やり、でもないだろうけど・・なんとか言いくるめられてエントリーしたのかもしれない。地元のマラソン大会盛り上げようぜ的なことを言われて。40代男性ってところだろうか。男女合わせて5、6人の ...

テイネトレイル2024を走った。→テイネトレイル公式サイト(外部サイト)オレがゴールした時はすでに祭りの後だった。苦しみもがいて、7時間以上かけて、やっとたどり着いたゴール地点は閑散としていた。そこにゴールゲートはなかった。雨風強い悪天候のせいなのか。スタート ...

どうすればいいのか・・わからなくなっている(笑)この週末にオレはトレイルランニングのレースを走る。テイネトレイル2024のロング(34km)の部だ。→テイネトレイル公式サイト(外部サイト)これがトレイル初挑戦、というわけではないけど不安だ。普段、ほとんどトレイル ...

のっけから度肝を抜かれた。なにもそんなところまで限界に挑まなくたっていいじゃないか、そう思った。まずこの本「ウルトラランナー:限界に挑む挑戦者たち(アマゾンリンク)」は海外翻訳もの、だ。著者は自身がランナーでもあるアダーナン・フィン、翻訳は児島修だ。オレ ...

五輪2大会連続金メダリストのエリウド・キプチョゲは言った。「スポーツはいい日もあれば悪い日もある。今日は残念ながら悪い日だった。」東京マラソン2024を10位でフィニッシュしたエリウド・キプチョゲがレース後に発表したコメントだ。昨日2024年5月19日(日)オレは洞爺 ...

来たる2024年5月19日(日)にフルマラソンを走る。「第50回記念ANA洞爺湖マラソン」だ。→洞爺湖マラソン公式サイト(外部サイト)去年までは「ANA」と冠されていなかったように思うが、なんだか豪華になったような気がするのはオレだけだろうか。そして「50回記念」だ。なん ...

本番に弱いのは致命的だ。いつもレース本番では練習通りに走れない。ゴール後、両腕が上がらなかった。肩が強張って、というか痛くて。両肩ともすごく痛い。マラソンを走って、ここまで肩が痛くなったことは過去にない。というか、いままでの人生でそんな記憶はない。両腕が ...

まだまだ、だな。そう思ったのは、スポーツショップの店員さんがオレにかけてきた言葉によってだ。オレは今年、2024年シーズンもフルマラソンでサブ3.5を目標にして走り出した。まだやってんのかよ、ってのは置いといて(笑)今年、走り出したのは3月24日だ。雪がとけて歩道 ...

安心したのは、駒田さんがある人たちに「コマちゃん」と呼ばれていたのを知ったことだ。オレは駒田さんのことを勝手に「コマちゃん」と呼んでいる。なんなら奥さんも「コマちゃん」と呼んでいる。夫婦の会話で駒田さんが出てくると「コマちゃん」だ。しかし、人前では「駒田 ...

夏靴はじめました。昨日2024年は3月24日(日)より。北海道は札幌の雪もやっととけて、夏靴で(いわゆる普通の靴で)走れるようになった!幹線道路の雪は、ってことだけど。日陰の多い小道なんかはまだ全然白い。街から完全に雪が消えるのはもう少し先の話だ。っていっても、 ...

聞こえてくるのは安藤友香の息遣いと足音だけだ。名古屋ウィメンズマラソン2024のテレビ中継。ハッハッハッハ タンタンタンタンバンテリンドームナゴヤに入る直前のシーンだ。その先に、まだ誰も通過していないゴールテープが待ち構えている。すぐ横を走るバイクに乗ったか ...

その男は突然オレの前に現れ、そして突然立ち去ってしまった。駒田博紀という人物をご存知だろうか。あなたがこのブログの記事をいくつか読んだことがあるのなら・・知っている可能性は高いだろう。いやいや、別におめーのブログなんて関係なしに知ってるわ!って意見はごも ...

もしかしたら「怪談」にカテゴリされるかもしれない話を聞いてほしい。先日、オレが実際に体験した話だ。オレと奥さんで体験した。まぁ、そこまでは怖くないんだけど。それを体験した時のオレの心情は「・・え?」くらいのものだ。その時は、ね。後からジワジワと恐怖の感情 ...

「バカが来た」咄嗟ににそう思ったのは、最近その言葉を目にして頭にインプットされていたからだ。漫才コンビ錦鯉が去年2023年に開催した独演会ツアーのタイトルが「バカが来た」だ。それを映像化した作品の発売かなにかの記事を見て、そのストレートなタイトルに笑った。先 ...

梅宮アンナについて、オレはほとんど何も知らない。だから当然、梅宮アンナがどんな「走り」をしているかなんて知るわけもない。そもそも走ったことがあるのかさえ、知らない。知らなかった。でも走っていた。今現在も走っているのかはわからないが、とにかくマラソンに挑戦 ...

↑このページのトップヘ