サロマ湖100kmウルトラソンで使用するリュックを購入したよ。
サロモンの容量10リットルのやつだ。
サロモンリュック-2

お得意の「アマゾンワードローブ」のシステムを使って3種類取り寄せて選んでみた。
サロモンリュック-1

アマゾンワードローブについての記事

この3つだ。



結局、一番小さい「TRAILBLAZER 10」にした。6,000円前後で買えると思う。

サロマ湖ウルトラを走るのに、そこまでの装備いるか?と思う人もいるかもしれない。リュックいるかぁ?って。
いるかいらないかの議論の前に、去年2018年にオレが走った時の状況を思い出してみる。ちなみにオレは背負って走ったんだけど。

リュックを背負っているランナーは多数派ではなかったと思う。

かといって少数派というわけでもなく。どっちだよ。周りを見れば誰か彼かリュックを背負っているランナーはいた。くらいな感じで。

ということなので、リュックを背負いたい人は、なんの心配もなく背負えばいいと思う。サロマ湖ウルトラではごく普通のことと言っていいだろう。
それはタイガーマスクの覆面をかぶってマントして走るより(去年いた!)、よっぽど普通のことだ。

と、オレは思うんだけど、経験者に話を聞いたり、ネットで調べたりすれば、サロマでリュックまではいらないんじゃない?というアドバイスは多い。

補給食、給水に関してはエイドで十分でしょ、ってことで。
まぁ、確かにね。エナジージェル持つって言っても、ランパンのポケットとかウエストバッグやポーチでも事足りるか。
ウィンドブレーカー的なものは腰に巻いて走れば、ってことで。
まぁ、確かにね。100円ショップのカッパだったら、途中で捨ててもいいんだし。

オレはそれが苦手で。

ポケットにエナジージェルを入れて走ると、なんかゴワゴワするというか。
ウエストバッグを腰につけるのも好きじゃないかな。なんか腰回りの締め付けが好きじゃなくて。いい商品を知らないだけかもしれないけど。
ウィンドブレーカーを腰に巻いて走ったら、だんだん落ちてきて邪魔にならない?とか。
100円であっても、カッパ捨てるのもったいないな、とか。

いろいろ気になる(笑)

だったら、それらをリュックに突っ込んで走った方が、オレ的には楽だな、というだけなんだ。
何も持たないなら、それに越したことはないんだろうけど。その方が走りやすいもんね。

逆にリュックだと、肩が擦れて痛くなるって心配もあると思う。
聞くところによると、腰が落ちてランニングフォームに悪影響を及ぼすこともあるみたい。

だから、くれぐれも本番前に試してみることを忘れずに。

部屋の中でリュック背負って、オイッチニサンシって足踏みするだけじゃダメだぞ(笑)何キロか実際に走らなきゃダメだぞ。
肩にかけるベルトの長さの調整とかで、感じる重さは変わるから。自分に合った「いい位置」を見つけないと。
出来るだけ高い位置に、だからイメージ背中というより肩に近い位置で背負うのが軽く感じるコツだと思う。ランニング用のリュックはそういう設計になってるとは思うけど、肩にかけるベルトの調整でなるべくね。

あと、持ち方はどうあれ、雨風をしのぐウインドブレーカーとかカッパは必ず持つことをオススメするよ。
去年2018年はそれに随分助けられたから。暑かったり寒かったり雨降ったり風吹いたりクルクル天候が変わったからね。

まぁ、逆に途中から「これがウルトラか!大変すぎるだろ!」っておもしろくなってきたけど。おもしろくっていうより、あきらめて笑えてきたっていうか(笑)

それにしても、今回オレが買った容量10リットルまでの大きさはいらないと思う。
去年はもっと薄っぺらい小さいやつ使って問題なかったから。いつだったかの函館マラソンの参加賞でもらったやつ。
サロモンリュック函館
今年もそれでよかったんだけど、7月に初めてのトレイルランのレースを走るもんだからさ。
それにも使えるかなと思って、今回サロモンのやつ買ったんだ。

あと、最近、ウエアが全身黒っぽくなる傾向があってさ。リュックで「色」入れようかなって(笑)

ところで、エナジージェル好き?

オレはね、最近、だんだん苦手になってきたんだ。最初はそうでもなかったんだけどね。
もちろん、味と食感にもよるんだけど。全体的に甘酸っぱい味多くない?
甘酸っぱいネチョーっとしたやつが、だんだん苦手になってきたんだ。とはいえ、長い距離走ってるとエイドにあるオニギリとかバナナとか固形物を体が受け付けなくなってくるら、その代わりにエナジージェルで補給ってなるんだけど。

そのエナジージェルが苦手になってきて。まいったな。

この前も、サロマ湖対策の60km走やったとき、エナジージェルで補給したんだけどさ。
後半、甘酸っぱい味がキツくなってきてね。
ホントは楽しみにしていたんだ。長く辛いひとり60km走で、今まで使ったことのないメーカーとか味のエナジージェルを食べる?のを。

なのに、ほとんどダメだった。いやーキツかったな甘酸っぱい味が。オレのチョイスが悪かっただけなんだけど。

ショッツワイルドベリー
お馴染みショッツのワイルドベリー味とか。

エナジージェルマグオンピンク
お馴染みマグオンのピンクグレープフルーツ味とか。

ジェルバニーレモン
すみません、あまり知らなかったDNS?だかのハニーレモン味とか。

どれもキツくて。
いや、マズいわけじゃないよ。オレに合わないってだけで。でも、どうしても甘酸っぱい味がダメで。

その中で、一つだけおいしく食べられたやつがあったんだ。それを紹介したい。
したいけど、だけどこればっかりは人それぞれ違うからね。あくまで参考ってことで。
オレと同じように「甘酸っぱさ」で苦しんでいる人がいたら試すだけ試してみてはどうだろうか。高いものでもないし。

これだ。
ジェルコーヒー味
お馴染みメダリストのコーヒー&ハニー味。
ほろ苦いコーヒー味が食べやすかった。食感はネットリじゃなく、しっかりゼリータイプだ。
カフェインが入ってるタイプだよ。

メダリストエナジージェル公式サイト(外部サイト)

公式サイトを見てもらえばわかるんだけど、そう、これウルトラマラソンと言ったらこの方、プロフットレーサー岩本さんのプロデュースなんだ。この「サブ10への道」で何回も出てくる「赤い本」の著者の。だからって忖度してるわけじゃないよ。
何も受け付けなくなった体に、ホントこれだけはおいしく食べることができたんだ。サロマはこれ1種類でいくつもり。それはそれで飽きるかな(笑)

でも、これ、ホント人それぞれの味覚の問題だからなぁ。なんとも言えないよね。
ちなみに、参考までに、オレの苦手な食べ物は「ウニ」「レバー」「パクチー」です。

まったく参考にならないね。


関連記事
「【サブ10への道】サロマ湖ウルトラマラソン2回目~その1(2019.4.1記)」

「【サブ10への道】サロマ湖ウルトラマラソン2回目~その2(2019.4.16記)」

「【サブ10への道】サロマ湖ウルトラマラソン2回目~その3(2019.4.16記)」

「【サブ10への道】サロマ湖ウルトラマラソン2回目~その4(2019.4.24記)」

「【サブ10への道】サロマ湖ウルトラマラソン2回目~その5(2019.6.3記)」

「【サブ10への道】サロマ湖ウルトラマラソン2回目~その6(2019.6.8記)」

今読んだこの記事は「その7」です。

「【サブ10への道】サロマ湖ウルトラマラソン2回目~セミファイナル(2019.6.28記)」

「【サブ10への道】サロマ湖ウルトラマラソン2回目~完結編(2019.7.2記)」



関連記事


関連記事







スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. S. T.
    • 2019年06月13日 19:11

    • >「あと、最近、ウエアが全身黒っぽくなる傾向があってさ。」

       コンプレッション系のウェアって黒っぽいものが多いと思うんですけど、炎天下のマラソンを考えると黒は避けたいんですよね。でも、少ないですよね、明るい色のものって。さすがに真っ白は下着みたいだし…。

       ところで、サロマの「大会記念オリジナルTシャツ・ランニングパンツ・キャップ」って見ましたか? グレー系の迷彩模様みたいな感じなんですけど、一見して「シブケンさんみたいな配色だな~」と思いました(笑)。
    • 2. シブケン(管理人)
    • 2019年06月14日 13:56
    • S. T.さん
      あと、黒っぽいウエアだと、汗の塩が真っ白くなってはずかしいんですよね。
      オレ、なんか他の人より塩が多い気がして(笑)
      サロマ大会記念のやつ見てみました・・
      確かにオレが好きそうな配色ですね(笑)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット