巨石
楽しいから、の一言に尽きるわけだが。

しかし、「楽しい」だけで参加し続けられるほど、お手軽なイベントでもないことはよく知られたことだ。

少なくとも町内会の盆踊り大会に参加するような、お手軽さではない。

まず、お金がかかる。
チケットを取るのも容易ではなくなってきた。転売やらなにやらキナ臭くなってきたもんだ。
社会人ならば休みを取らねばならないだろう。
お盆時期ということで、実家に帰省するしないの問題もある。
一緒に行くメンバー選定がけっこう厄介だったりする。あいつを誘うのか誘わないのか。
一緒に行こうね!みたいな空気を発してる、絶対に一緒に行きたくないアイツをどう煙に巻くのか(笑)

第1回開催から、もうかれこれ18年が経とうとしている。ほぼ20年だよ?
いろんなことが変化するだろ。するに決まっている。
「楽しい」だけで通える年月ではない。

彼氏彼女と別れたり。
結婚して家族ができたり。子供ができたり。離婚したり。不幸があったり。
会社をクビになったり、転職したり。


なんせ20年だ。いろんなことがある。


オレだって、いろんなことがあったさ。いろいろ変化したさ。髪の毛が、いやなんでもない。

それでも参加し続ける魅力はなにか。

やっぱり、単純に音楽、ロックが好きってのが大きいだろう。そしてキャンプも好きだ。もちろん酒も。


好きなことだらけだ。


そして、そう思う人が多いからこそ、あの笑顔あふれる平和な雰囲気がつくられるのだろう。
毎年毎年、何回も何回も行っても飽きない。
あの場所に行くと「あー、帰ってきた」とさえ思うほどだ(笑)


オレは過去のライジングサンロックフェスティバルを思い返す時、必ず思い出す「親切」があるんだ。オレがある人から受けた「親切」だ。そのある人が誰なのかはわからない。


その「親切」があったからこそ、あの場所をこんなに好きになって、こんなに長い間参加し続けてるのかもしれない。


こんな「親切」だ。



その年、テントを建てる時間帯は風が強くてね。テントを建てるのも一苦労だったのを思い出す。そのあと、よっしゃーっつって、どっか遊びに行って。で、テントに帰ってきたらさ。


「え?」つって。


テントがないんだよ。オレのテントが。



で、周りを探したら、ちょっと離れたところに、グシャってなってあったんだ。
どうやら風で飛ばされたらしい。
思い返せば、割り当てられたテント区画の地面が少々硬くて、テントを建てるとき、上手くペグを打てなかったんだ。それが原因か。

やれやれ、そう思ってグシャっとなったテントを持ち上げようとしたら。

持ち上がらない。重い。「ん?」ってなって。

中に石が入っていたんだ。巨石だ。一人で持ち上げたら腰が悪くなりそうな程の大きさだ。
テントがさらに飛んでいかないように、誰かが重しになる石を入れてくれたんだ。

わざわざ、こんな巨石を・・

誰かがオレのために、こんな巨石をどこかから持ってきてくれたんだ。
なんて親切な人なんだ。一体、あの場所のどこにこんな巨石があったというんだ。それにも驚いたものだ。

テントの中は砂だらけだったけど。
いや、それはいいだろ。

そんなこころ温まるフェスティバル、ライジングサンロックフェスティバル。
ロックだけに石ってか。やかましいわ。








スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット