この先、どうなるのかわからない。

日々の心配事は、すべてこれに起因すると思う。
先を見通せない人生は不安だ。できれば・・少なくとも近い将来までは、見通しのいい人生を歩みたいものだ。

しかし、マラソンはどうだろう。

どこまでも見通せる直線道路。嫌だよね。「あんなところまで走って行くのか・・」気が萎える(笑)
もちろん、そのもっともっと先まで走らなければならない。見通しのきく道路は、精神的に、くる。

昨日、55km走をしてきた。もちょい長かったかもしれないけど。
55km走
55という数字に、これといった理由はない。と思う。
スタートの札幌から目的の温泉施設までの距離だ。近すぎてもアレだから、これくらい行っとく?みたいな距離だと思う。オレが企画したわけではないので、詳しいことはわからない。毎年春に参加している、雪解け一発目のロング走企画だ。今年で3回目の参加だった。

オレは冬の間も雪上ランをしているとはいえ、そんなに長い距離は走らない。だから、この雪解け一発目の55kmはなかなか辛い。
ごめん、ウソつきました。雪解け一発目じゃなくても、いつ走っても55kmは辛いです・・

どこまでも続く直線道路って嫌だよね。
なんかいつまで経っても、どこにもたどり着かない感じが。走るスピードも、実際よりもノロく感じるし。

どのくらい長い直線道路を走ったかと言えば・・たとえば日本一長い直線道路だ(笑)
日本一直線道路
その全区間(29.2km)を走ったわけじゃないんだけど、その他の区間も、とにかく見通しのいい一本道をひた走る!って感じなんだ。
この見通しの良さは、北海道特有のものだろうか。北海道だけ、ってことはないとは思うけど。

毎年寒くてね、この春の55km走。
時期的にしょうがないことなんだけど、だけど、日によってはポカポカ陽気もあるわけで、この季節。さらに昨日は冷たい雨も降ってきたり・・けっこう運が悪いかな(笑)

まぁ、でもせっかく55kmも走るんだ。なにか得るものが欲しいところだ。オレは2つのことを実験してみた。実験っていうほどアレじゃないけど。
「ランニングフォーム」と「エネルギー補給」についてだ。

まず「ランニングフォーム」。「ランニングエコノミー」を意識したランニングフォームで走ってみた。っていっても、「ランニングエコノミー」についての難しい話はわからないです、ごめんなさい。
「省エネで走る」みたいなことだとは思うんだけど。気になる人は各自調べてみてください(笑)


とにかく楽に走る。

それがオレの考える「ランニングエコノミー」だ。
去年から取り組んでいるフォアフット走法の延長上に、それはあると思っている。


一歩一歩、できるだけ脚に負担がかからないポジションを探りながら走った。
イメージとしては、できるだけ「空中にいる」だ。空中にいる時間が、一番脚への負担がないはずだからだ。着地した足をすばやく引き上げることを意識した。

その結果、「脚のどこかが痛くなる」ということは起こらなった。
オレはよく右ひざを痛めるのだけど、それはまったくなかった。1日経った今日も、筋肉痛もほぼない。今のところ、だけど。

50km過ぎてからは、もうグダグダでそんなことできなかったよ。足も上がらなくなってズリズリだった。石ころ蹴飛ばしまくりだったから(笑)
でも、後半のグダグダはトレーニング不足からくるものだろう。と思いたい。
「ランニングエコノミー」に関する考えは、だから、楽して走るというランニングフォームは間違えていないと思えたので、これからもがんばってみたい。

2つ目は「エネルギー補給」についてだ。食べないで走ってみた。まったく、ってことではないけど。いつもよりは。

長い距離を走るときは、何がなんでもエネルギー補給をしなければならない。そう思っていた。朝食もしっかりとって、って。10kmごとにエナジージェルも忘れずに、って。
ウルトラマラソンみたいな長い距離を走るなら、途中でバクバクものを食べてエネルギー補給できる体にしないと、って。

それが苦手で。

ランニング中に食べると、とにかく苦しくなる。エナジージェルですら受け付けなくなる時もある。もっと、「食べられる」体にしなきゃ、と思っていた。

昨日の55km走では、それをやめてみた。食べたくなかったら、食べない。腹が減ったら食べればいい。そんな感じでやってみた。朝食も食べなかった。練習のときは、いつも食べないで走り始めるし。

別にレース本番じゃないので、動けなくなったらリタイアすればいいか、くらいに思って。なんでも試してみなきゃわからない。
水分も「何キロごとに」ってのはやめてみた。テキトーに水分補給してみた。

普通に走れたよね。

結局、エナジージェル1本と、なんか甘いお菓子みたいなの1個。あと、なんだっけな、炊き込みご飯みたいなのちょろっと食べたかな。焼き鳥も食べたか。

けっこう食ってんだろ。

いやいや、いつもよりは全然。無理して食べることはなかったよ。
それほど速いペースではなかったけど普通に走れた。基本、キロ6分半前後。最後の方はもっとグダグダで遅くなったってヒーヒー言ってたけど。ま、でもゴールしたし。

もちろん食べればもっと速く走れたかもしれない・・オレに限ってはそんなことない気はするけど(笑)
でもなぁ、これでいいんじゃないか、って思えた。それほど神経質にエネルギー補給しなくてもいいんじゃないかって。腹が減ったら食べればいい、くらいで。

後半のグダグダは、単にトレーニング不足から来るもので、エネルギー不足ってことではないと思うんだよね。
まぁ、もう少しいろいろ試してみよう。

ただ、水分補給はしっかりした方がいいと思った。
寒かったから、トイレが近くなるの嫌で、いつもよりは少なめにしたんだよ。
残り10キロ切ったあたりで、猛烈にノド乾いて、ゴクゴク飲んだもん。何回も。これ、レースだったらアウトだね。

ノドが乾いてから、水分補給しても遅いっていうもんね。昨日は水飲みながらテキトーに走って終われたからよかったけど。
レースにあれはないわ。水分補給は「何キロごとにどれくらい」って決めた方がいいね。もちろん気温なんかを考慮して。

そして、ゴール後の温泉とビール。

これは実験しなくてもサイコーに決まってる!





関連記事


















スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット