フルマラソンにおいては「まぐれでホームランを打つ」みたいなことは起きない、と言われている。

4時間を切るのがやっとだったサブ4ランナーが、いくつかのラッキーが重なって「まぐれで3時間を切る」
なんてことは起きない、ということだ。

ちなみにオレは、まぐれでホームランを打ったことがある。柵越えのホームランだ。高校3年生のときだ。野球部だったんだよ、オレ。
練習試合でね。打った瞬間、不思議とまったく手ごたえがなかったんだ。スカンって感じで。ボールをバットの真芯でとらえる、ってのはこういうことだったのか、って後から思ったよね。
まぁ、いいアタリではあったんだけど、高く上がった打球で。深い外野フライ程度かな、って。なのに、あれ?あれ?って感じでセンターとライトの外野手がバックしていく。

上空の風がものすごく強かったみたい。

ボールはフェンスを越えたんだ。練習試合だから球場じゃなくて、学校のグラウンドを囲うフェンスだけどね。それでも「柵越え」ホームランには違いない。

オレには全然まったくホームランバッターの風格はないし、もちろんチームメイトもそれは知っている。だから、ボールが「柵越え」したとき、敵も味方も、そしてオレ自身も(笑)グラウンド全体がポカンとした雰囲気に包まれたんだ。何が起こったんだ?的な。

どう考えても、まぐれのホームランだ。

忘れられないのは、次の打席の時、外野がすんごく深いところに(後ろの方に)守備位置を変えていたことだ。
いやいやいやいや、そう思ったよね。バッターオレだよ、オレ?って。案の定、カスった感じのサードゴロかなんかに終わったよね。恥ずかしいわ!

フルマラソンでそれは起きない。

それって何?
オレの柵越えホームラン級の「まぐれ」だ。だから4時間が3時間になるみたいな。
そりゃ、まぁ、「何らかの力」が働いてフルマラソンで1時間も速くなることはないだろう。だけど30分は?10分は?最後ギリギリ目標タイムに間に合うかどうかの30秒は?そのくらいの時間が速くなることはあるのではないだろうか?

「大会マジック」だ。「何らかの力」をそう呼ぶ人がいる。

「大会マジック」・・なにが「何らかの力」になるのだろう。
エアーサロンパスの香り漂う会場の雰囲気に緊張することかもしれない。
大勢のランナーと共に走ることで、熱狂・興奮するからかもしれない。
いつも一緒に走っているラン仲間の応援かもしれない。
地元の高校の吹奏楽部が演奏する「負けないで」かもしれない。
どう考えても自分より、かなりご高齢のランナーに追い越された時の悔しさかもしれない。

確かにそれらは、普段の練習の時には働かない「力」だ。うん、「大会マジック」かもしれない。普段の練習でも、がんばりたいときにそういうことがあったらいいのにね。

あったんだ。

昨日、サブ3.5を達成するための練習、レースペースでの30km走をやったんだけど。
今月末のレース当日に、ペーサーをお願いしているランナーから「やるぞ」と号令がかかったもんで。

ペーサー頼んだだけなのに・・


ちゃんと練習やってんのか?って試されたのかもしれない。
なんて、そんなことするランナーさんではないけけど(笑)やさしく、練習にお誘いいただいたんだ。本番さながらペーサーもやってもらって。
30K走2

やっぱり、ペーサーいると楽だね。自分の走りにだけ集中すればいいもんね。
ほら、よくマラソンやってない人にペーサーって必要なの?とか聞かれるじゃない。いるといないじゃ全然違うよね。だけど、マラソンやっていない人にその感覚を説明するのは難しい。ペースなんて時計見てりゃわかるだろ、って言われたらね。別にわかってもらう必要もないけど(笑)

でだ。

ペーサーをやってもらって楽だとはいっても、それは「いないより」楽だという話で。
今現在、オレにとってサブ3.5のレースペース、だからキロ5分前後で走り続けるのは簡単なことじゃない。でも、なんとか走り切ることができたんだ。

マジックだ。

昨日走ったコースがラッキーだった。
陸上競技場隣のサブグラウンドの周りの「お散歩・ジョギング」コースみたいなところをグルグル走ったんだけど。
陸上競技場で高校生の大会やってたんだよ。聞くところによると記録会って言うのかい?そういう大会。で、サブグラウンドでは、多くの高校生アスリートたちがアップしているわけ。


オレが走っていたジョギングコースを走っていたりもしていて。
その高校生アスリートたちがもう、全身バネなんだ。元気ハツラツなんだ。軽々とものすごいスピードで運動しているんだ。かっこいいんだ。

それを見たらさ、こっちもヤル気が出るんだ。負けてらんねーって。絶対負けてるけど。
オジサンの無様なところは見せられねーって。誰も見てないけど。

マジックだ。

完全にマジックだった。
1人でいつもの河川敷を走ろうもんなら、30kmレースペース走はクリアできなかったと思う。ペーサーとして一緒に走ってくれるラン仲間がいて、それ以外にも何人か一緒にグルグル走っているラン仲間がいて、そして周りには元気ハツラツな若者が縦横無尽に動き回っている。
30K走
後ろに「元気ハツラツ」が迫る!軽々と風のように追い越していったよね。

そんな環境がオレを「走らせて」くれたに違いない。なんとか30kmレースペース走をクリアすることができたよ。マジックだ。

あの日の柵越えホームランのように。

うるせーバカ。
さてと、ここからだね。「なんとか」クリアしただけだからね。「30kmで終わる」という気持ちがあったからがんばれただけ、ともいえる。あと12kmあってもそのまま走れたか?と聞かれれば、残念ながらNOだ。
まだ「キロ5分」というペースが「楽勝」に感じられていない。「なんとかできるけどね」といったところだ。それじゃダメだろうな。

当日「大会マジック」がなくとも、目標を達成できるようにもう少しがんばるわ!

ちなみに、オレは過去に「大会マジック」なるものを感じたことがないような・・
どちらかと言えば、大会の雰囲気に飲み込まれて、いつもの力すら出せないタイプなので(笑)




関連記事
















スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット