ライジングサンを楽しむ人

断言しよう、楽しめる。


え?どんなオッサンでもオバサンでも楽しめるの?そう聞かれたとしたら、こう断言する。

そんなわけねーだろ、と。

でも、それはオッサンオバサンに限った話ではないよね?
若者だって楽しめる人と楽しめない人がいるはずだ。歳は「あまり」関係ない。「あまり」ね。基本「ロック」のフェスティバルだからさ、若い人の方が馴染むに決まっている。

だがしかし、オッサンだって十分楽しめる。

なぜなら、オッサンド真ん中のオレが、ものすっごい楽しいからだ(笑)


じゃあ、どんな人だったら楽しめるのか?過去の経験から分析してみたい。
一緒に行く友人なんかを探す時に、参考になる、かもしれない。

大きく4つに分類してみた。

1.1回も行ったことない人。
2.1回行って、二度と来なくなった人。
3.何回か行って、いつの間にか来なくなった人
4.ずーっと行ってる人

今思ったんだけど、この分類、なんの意味もないな(笑)すまん。


そんなの簡単だよ、音楽が好きな人なら楽しいに決まってんだろ、なんていう短絡思考はやめたほうがいい。

って、たかが音楽フェスの話でずいぶん手厳しいな、おい(笑)短絡思考って。


もちろん、音楽の好き嫌いは重要だ。
しかし、特に見たいアーティストもいねーわ、って人が楽しめないかっていったら、そうでもない。


一番のポイントは過酷な自然環境に対応できるかどうか、だ。


「過酷」はちょっと言いすぎかもしれないけど、アウトドアキャンプが好きかどうかは最重要ポイントになる。

暑かったり、寒かったり。雨が土砂降りになって地面は沼地状態、なんてこともあったっけ。砂埃で鼻の中真っ黒、なんてことはよくあることだ。

トイレは基本、工事現場にあるような仮設のトイレで衛生的とは言い難い。時間帯によっては、けっこうな時間並ぶこともある。ここ何年かは台数も増えて、だいぶ改善された印象だが。
水洗の仮設トイレもあるし、汲み取りもがんばってくれているみたいだ。それでもいつ何時、トイレ閉鎖があるかもしれない。
ライジングサン仮設水洗トイレ
「仮設でも水洗タイプは、けっこうキレイ」

何年か前にあったんだよ。
仮設トイレが軒並み満杯になって、どんどん閉鎖されていった事件。トイレが足りなくて長蛇の列になって。みんなもらしそうになって。もらしたひとも多数いたとかいないとか。

それで、オレの知り合いにもこんな冒険野郎がいたんだ。
我慢できなくて、自分のテントの中で紙コップにしたら、


あふれた

ってやつ。あ、もちろん「小」の方だよ。紙コップに「大」をしたとすれば、それ大問題だ。「大」だけに。やかましいわ。

そんなことがあっても、楽しめるやつはどんなやつか。


野グソ力の高いやつ。


どんな「ちから」だよ、野グソ力ってよ。
そういえば、「小」をもらすで思い出したけど、友人がさ、駐車場に入る前の渋滞に巻き込まれたとき、「小」をもよおしたんだって。そのとき一人で。車を離れる訳にはいかなくて。

しょうがないから、お茶のペットボトルにしたという。

色が同じ感じで、だいじょぶだったよ、て。「おーい、お茶」って。やかましいわ。

総合すると、こんな人が楽しめると思う。


バカな人。


これ。
オッサンオバサンになっても来てる人って、もれなくバカだからね(笑)

でも、あれだぞ、若者のフリして仲間に入れてもらおうとするなよ。スカパラのライブで「みんな周りと肩組めー」って言われたら、ひっそり退場するんだぞ(笑)誰もオッサンオバサンと肩組みたくねーんだから。

オッサンオバサンの居るべき場所で、楽しめばいいじゃない。ちょっと後ろの方ね。いろんな意味でちょっと後ろの方。若者に迷惑かけないでさ。ただでさえバカなんだからオレたち(笑)









スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット