オレを窮地から救ってくれたのは、どこの誰だか知らないジィさんだったんだ。

100kmウルトラマラソン、ゴールまで残り13km地点。すでにグループからは遅れて一人ぼっち。そしてオレはトイレに座っていた。

腹がタポタポでピーピーだった。ちょっとでも走ると振動で下からモレそうになる。この状態で残り13kmを走ることは・・できない。なんとか歩くことはできるけど、13km歩くのは果てしない苦行だ。

無理だ。

そう思った。いつも思ってる気がしないでもないが(笑)ホントに100km完走は無理かもしれないと思った。
なんでだろう、今年もアレに参加してしまったんだ・・去年ヒザの痛みで死ぬほど苦しんだ「なんでもない日に100km走る」とかいうラン仲間の無茶な企画に。


その日、2021年6月27日(日)も去年同様、本来はサロマ湖100kmウルトラマラソンの開催日で。だけど去年同様、コロナで中止になって。じゃあ、またアレやろうかってなって。無茶な企画。「なんでもない日に100km走る」とかいうやつ。

いや、オレもサロマにはエントリーしてたよ。100kmウルトラマラソンに挑戦する気は満々だよ。だけど、大会でもないのに100km走るのはなんか違う気がするんだ。
オレ、そこまでのランナーじゃないんだけどなぁって(笑)

とか言ってたら、なんと!今年はサロマ湖ウルトラマラソンのオンライン大会が開催される!ってなって。1日で100km走る「1dayチャレンジ」と2週間で100km走る「2weeksチャレンジ」って部門があって。

じゃあ、ついでに「1dayチャレンジ」もやっちゃう?みたいなノリになって。

100km走るついでってなんだよ!そんな「ついで」があってたまるか。
まぁでも、「なんでもない日に100km走る」よりは、多少100km走る理由は増えて良かったのかな。

って言っても、結局それは各々が「勝手に」走る100kmなわけであって。
80km地点を過ぎたあたりで、オレはグループから遅れて。だーれもいない(車はビュンビュンだけど)海岸線の国道を1人ぼっちで走っていたんだ。勝手に、ね。そういえば去年もその辺を一人ぼっちで走ってたな。なんの修行なのこれ(笑)

マラソンって上手くいかねーな!そう思いながら走ってたよ。まったく上手くいかねーって。
1ヶ月前にフルマラソンでサブ3.5に挑戦した時は(達成ならず)補給で失敗した、って反省があって。水分もエネルギー補給も控えめにして失敗してしまったんだ。


だから今回は、積極的に補給していこうと。距離も倍以上の100kmだし。ちゃんとエナジージェル飲んだしさ。そうめん食べてさ。スイカも食べたり。
ウルトラそうめん

その結果、腹ピーピーだ。

日中、日差しが強く暑かったので水分をとりすぎたってのはあったと思う。
だけど上手くいかねー。いい加減にしろや!そう思った。誰のせいでもない、自分の失敗なんだけど。

だって聞いてくれよ!脚はピンピンしてんだから!これは大きな、そして唯一の成長だったな。ランニングフォーム改善のおかげだ。なのに、腹ピーピーだもん。
あっちが良ければ、こっちがダメで。脚は問題ないのに腹ピーピーで。今度はこっちかバカやろう!って。
いい加減にしろや!マラソン!って(笑)上手くいかねー。

残り13kmを腹ピーピーのまま走るのは無理だった。せっかく脚は残っているのに・・
イチかバチか、なんとかたどり着いた町外れの小さなホームセンターのトイレに、オレは座り込んだ。いい感じに「出す」ことができて、体調的には復活できそうだった。
だけど・・トイレの個室の中で汗だくになって考えるのは「リタイア」のことだった。

気持ちがダメになっていた。もうこの辺でいいんじゃねーかな、って。勝手に走ってるだけだし、って。
個室から出て、洗面台の鏡に映るオレの顔は、ドス黒くゲッソリしていた。100km走るウルトラランナーの顔じゃねー。

ガチャリ。

知らないジィさんがトイレに入ってきた。いや、逆に知っているジィさんだったら怖いけど。だって、ここはオレの住む札幌から80km以上離れた白老という町だ。オレはこの町に馴染みはない。その馴染のない町外れの小さなホームセンターのトイレだ。
ドアを開けて洗面台があってその奥に個室が一つあるだけの、小さな空間のトイレだ。
その小さな空間にゲッソリしたオレと知らないジィさん。

どんな場面だよ!(笑)

意外にもジィさんが話かけてきた。
「札幌か?」その口調はぞんざいだ。「おまえ札幌からきたのか?」の意だろう。
ん?と思った。なぜオレが札幌から来たとわかっているんだ?もしくは予想できるんだ?それはそうと、次に続く言葉にオレは警戒した。

なぜなら今はコロナ禍だ。

今現在、北海道全体としての状況は最悪ではないものの・・札幌の状況が一番よくない。
人口が多いから仕方のないことかもしれないけど、それ以外の地域の人はそう見ないかもしれない。
札幌が元凶だ。札幌から来るんじゃねぇよ。そう思う人がいても不思議じゃない。残念ながら、日本全国で似た状況はあるだろう。その感情に感染対策をしてるとかしてないとかは関係ない。それもまた仕方のないことだ。と、オレは思う。

「札幌か?」

それに続く言葉は「札幌から来るんじゃねぇよ」だと思って身構えた。なんせ、ぞんざいなジィさんだ。でも、違った。
「あんたも100キロかい?」ジィさんが「バカだなぁ」って感じでニヤリとした。欠けた前歯がチャーミングだった。

「あ、そ、そうそう、札幌から100キロ走ってんのさ!」
「さっきよ、あんたと同じようなリュック背負った人たちと会って、なんかそんなこと言ってたからさぁ」

そうか、オレより前を走ってるラン仲間と会ってたのか。そしてジィさんは言葉を続ける。
「札幌から100キロだったら、すぐそこまでだべや」
「え?そうなの?」
残り13kmあるんだけどな!
「おう、すぐそこに札幌から100キロって標識あっからな」
なるほどね、道路標識?的なのがあるのね。まぁ、残り13kmあるんだけどな!
「ホントに!いや、うれしいわ。なんかがんばれる気がするわ!」
「おう、がんばれや。で、どこ泊まるのよ?」
「あ、知り合いの家あるから、そこに」
「んだが、せっかくだから温泉にでも入っていけばいいべや」
※白老は温泉地としても有名
「おう、いいね!じゃ、行くわ!」
「おう、がんばれよ」
あくまで、ジィさんの口調はぞんざいだ(笑)でも、嫌な感じはまったくしない。

だけどなんだろう、この温かい気持ちは。

以前の、だからコロナ前の北海道の田舎町(失礼)だったら、当たり前の光景なのかもしれない。知らない者同士の、このくらいの会話は。
だけど、今、お互いが監視し合うような嫌な空気がまん延している世の中で、その何気ない普通の会話は、オレを温かい気持ちにさせてくれた。
ホントに気持ちがフっと楽になった。残り13kmイケると思った。そして無事ゴールした。歩きまくったけどね。

実はそのジィさんに会ったあとも、家の前でBBQやってたバァさんとリアカー引っ張って歩いてたジィさんにも話しかけられたんだ。同じく前を行くラン仲間に会った後で「お前も札幌から100キロか?」みたいな感じで。「もう少しだからがんばれよ」って。

そんな応援されたら、絶対ゴールするわ!ってなったよね。

ウルトラマラソンにおいて気持ちってこんなに大事なんだ、と改めて思ったよね。苦しい中、一人ぼっちで走ってたのもあるんだけど。

なんかそこには「普通の世界」があって。けっこう気を付けているつもりのオレでも、情報に毒されている部分はあるのかも。

ウルトラマラソンってさ、スタートして数十キロくらいまでは、「まったく走れなくなる時間帯」が来るなんて信じられないんだ。いや、ゆっくりなら走り続けられるだろ、って。走れなくなるわけねーだろ、って。

でも、その時はやってくるんだ。

今回もしっかり来ました(笑)走れない時間帯。どうやっても走れない。今回は腹ピーピーで。去年はヒザが痛くて。それがウルトラマラソン。でも復活できるのもウルトラマラソン。それを信じて走りたい。

でもさ・・いい加減さ・・来年こそはサロマ湖ウルトラマラソンの復活を望む!「なんでもない日に100km走る」からオレを解放してくれ!(笑)





関連記事

















スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. ようこ
    • 2021年06月30日 07:49
    • 100kmお疲れ様でしたー!
      通勤電車の中で読んでうるっときましたよー😂
      100km走ったことないので想像ですが、極限状態での励ましや人のあったかさは力になりますね✨✨✨

      笑えるブログかと思いきや最近真面目系が多いですね!?(笑)
    • 2. pen
    • 2021年06月30日 08:29
    • サロマ湖オンライン100kmおつかれさまでした! 結果だけ見るとなんか簡単そうに達成してる人ばっかりだなぁ、普通リタイアするよ?!とか思っていましたけど、シブケンさんもじぃさんとふれあって完走!おめでとうございます^^ ぞんざいで暖かい雰囲気が伝わってきますね~(笑)最高!
    • 3. てっぺい
    • 2021年06月30日 18:25
    • やっぱりサロマ100kmオンラインでしたかー!そうだと思いました。
      シブケンさんドMですね(笑)
    • 4. シブケン(管理人)
    • 2021年06月30日 20:16
    • ようこさん
      私、根は真面目ですからね。ついつい真面目が出てしまいます。ウソです!
      次回はもっとフザけます(笑)
      それにしても、ホントに救世主でした、あのジィさん。
    • 5. シブケン(管理人)
    • 2021年06月30日 20:23
    • penさん
      いや~100kmは遠い!当たり前ですけど。
      一緒に走った人たちもみんな強かった。またビリっけつです。
      来年こそは!って言えないな。ツラすぎて(笑)
    • 6. シブケン(管理人)
    • 2021年06月30日 20:26
    • てっぺいさん
      いや、あくまでもオマケなんだけどね、サロマオンラインは。
      そんなの関係なくやるから、あの人たちは(笑)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット