東京五輪おもしろかったね。

一番感動したシーン、印象に残ったシーンはどの競技の誰だった?
オレが一番感動したのはね、なんだろ、一番を決めるのは難しいな。たくさん感動したから。でも、やっぱり男子マラソンかな。市民ランナーの端くれとして、馴染み深い競技でもあるし。

大迫傑の魂の走りはもちろん、中村匠吾、服部勇馬の苦しみながらもゴールを目指す姿に感動したよ。

まぁ、五輪最終日の競技だった、ってのもあるよね。その頃には、五輪前半戦の記憶が薄れてきてて・・歳取るって嫌だね(笑)

あと、おらが住む札幌の街を走ったってのも大きい。
よく知った景色を一流選手たちが走っているだけで感動したよ。暑くてゴメンなさいとは思ったけど。いや、他の競技もホントに感動した。挙げだしたらキリがないほどに。

でもね、一番印象に残ったシーンといえば、はっきりこれだ!と言えるのがあるんだ。
女子スポーツクライミングの表彰式だ。オレの中ですべての謎が解けた瞬間だったんだ。

野口と野中、だ。

オレはスポーツクライミングのことを、ほとんど何も知らない。
日本人選手は強い、ってことはなんとなく知っていたけど。しかも男女そろって!
「ボルダリングの世界選手権(みたいな大会)で日本人選手が優勝」みたいなニュースを耳にすることが何度かあったからね。男女とも!

男子で強いのは楢崎選手だ。これは知っていた。よくある苗字でもないし、オレ的には割と憶えやすかったので。男子クライミングの第一人者として知っていた。

問題は女子だ。

女子に強い選手がいることは知っている。だけど、いつもその選手の名前が出てこない。「野・・なんとかだよな?」ってなる。
大変に失礼な話で申し訳ないが、それほど強い興味を持ってニュースを見ていないからだと思う。たぶん、ある時は野口選手が活躍しているニュースを見ていたのだろう。そして、ある時は野中選手だ。

オレの記憶の中で、何かの大会で二人そろって表彰台に上がったの見た事はない。

二人とも「野」で始まる名前。そして、なんとなく見た目の雰囲気が似ている、気がする。
正直に言えば、強い女子選手が一人なのか二人なのかも曖昧になっていたと思う。

たとえば、うろ覚え同士でこんな会話をしていた。
「ボルダリングで野口優勝したね~」
「え?野中じゃなくて?」
「え?野口でしょ」
「いや、ボルダリングといえば野中でしょ」
「いや、でも、ニュースで野口って言ってたような」
「たぶんそれ、野中だわ」
「そうなんだ、野中なんだ」
みたいな。ゴメンなさい。

そして、東京五輪女子スポーツクライミングだ。
野口と野中。二人とも活躍していた。「やっぱり強い選手二人いるんでしょ!」そんなバカなことを思った。
それでも、クライミングは競技者以外は控室に戻ることになっているから(他の選手がどう攻略するのか見ることはできない)基本的に二人が揃っているシーンはない。

そして結果、野中選手が銀メダルで、野口選手が銅メダルだった。うれしかった。
何がうれしかったって、二人そろって表彰台に上がっているのを見ることができてうれしかった。
オレの中のでの謎が解けた瞬間でもあった。

女子クライミングで強いのは誰なんだ?という謎。1人なのか?二人なのか?という謎。その謎が解けた。

野中生萌と野口啓代、二人とも強い、ってのが答えだ。

それにしても、このスポーツクライミングをはじめとした「五輪新競技」おもしろかったよね。スケートボードとか自転車BMXとかさ。

それらの競技に、悪い意味での「スポ根」を見ることはなかった。
国は関係なく、互いの技を称え合い、失敗を共有する。そんな姿に新しい時代を感じた。スポーツは楽しんでナンボ。そんな強いメッセージを受け取った。

オレ、その昔高校球児だったんだけど、基本的に楽しくなかったもんな(笑)
練習はキツく辛いものだった。「スポ根」的でダメな時代だった。「水は飲むな」の時代だもん。
100本ノックとかやってたよ。最後の方は足が動かないほどにヘロヘロになってさ。ノックの上手い監督でね(嫌味だよ)。グローブが届くか届かないのところに左右に揺さぶってノックしてくるんだ。ある意味シゴキ、だよね。

クソが!(笑)

意味ないよね、そんな練習。なぜなら試合中に100本も球が飛んでくることはないからだ。
スケートボードの練習で「100本手すり」とかやらないでしょ。まぁ、本数はこなすんだろうけど、意味なくヘロヘロになるまでやらないでしょ。

もっと言えば、野球の試合中にヘロヘロになるまで疲れることはない。
ピッチャー以外は、ね。精神的には疲れるかもしれないけど。

スポーツは楽しんでナンボ、だよ。
って言ってもね、マラソンはね、けっこうツラこと多いよね・・もちろん、それ以上の楽しみがあるから続けてられるんだろうけど。

それ以上の楽しみ?なんだろ。走ったあとのビールとか?それはまた、ちっせー楽しみだな(笑)でも、それで走り続けられるなら安いもんだ。

そういえば、野口選手はこの五輪で現役引退とのことで。残念だ。
せっかく強いのは野口と野中の二人、ってはっきりしたのに。とりあえず、今後は強いのは野中、ってことだね。

まぁ、またすぐに、別の強い選手もでてくるんだろうけどさ。出来れば「野」からはじまらなきゃいいな。



関連記事














スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット