宣言なしにフルマラソンを完走することはできない。
これを肝に銘じておきたい。

「行けたら行こう」なんて、中途半端な決心で走り出したその時にはもう、結果は見えている。十中八九フルマラソンを完走することはできない。
飲み会に誘って「行けたら行く」と言ったヤツが、そこに来ることはないように。

フルマラソンに「行けたら」はない。「行く」と決めなければ、その距離を走り切ることはできない。
フルマラソンがどうして42.195kmなのか?については諸説ある。しかし、今、そんなことはどうでもいい。42.195kmは42.195kmだ。この距離を、だからフルマラソン42.195kmという距離をオレが一言で表すとすれば、こうなるかな。

「人間が一度に走る距離じゃねぇ」

遠い。あまりにも遠い。
初めてフルマラソンの大会に出た時を思い出す。怖かった。ものすごく。その距離をうまくイメージすることができなかった。それまで一度に走ったことのある最長距離は、ハーフマラソンだったと思う。21kmちょっと。その距離を超えたとき、確かに未知の領域に足を踏み入れた感覚があった。

そして30km地点を過ぎたあたりで、なぜだろう、笑いが込み上げてきた。「とんでもねー場所にきてしまったな」って。
途中で歩かないことだけを目標にして迎えたゴールは、ホントにうれしかったよね。

その後、何度かフルマラソンの大会を経験していくうちに「なんとかゴールはできる」って自信はついてくるんだけど。タイムを気にしない、ならね。

自己ベスト更新を意識して、タイムに追われだすと42.195kmは遠い。あまりにも遠い。今までの経験上、30kmまではイケるんだよ、なんとか。計画通りに。そこからが遠い。

人間、一度に走れる距離は30kmなんじゃないかな。

オレの経験上、だよ。いわゆる30kmの壁、だ。あるよ、この壁。
30km越えると、いろいろなところがキツくなってくる。肉体的にも精神的にも。

「ここからまだ10km以上あるのかよ!」

いつもそこで心が折れてしまう。
30kmの壁を乗り越えられるかどうか。正念場だ。それがフルマラソンだ。30kmの壁なんて実際はないんだ、っていう人がいるけど、いや、あるよ。ぶつかるほどの感覚でそこにあるよ。

先日、ひとりフルマラソンなるものに挑戦した。そして失敗に終わった。33kmでやめた。気持ち的にはハーフを過ぎたあたりで「もう無理だわ」ってなってた。

理由、いや、言い訳を並べだしたらキリがない。
やれ暑かった。やれ公園の水道が使えなかった。やれ朝飯をちゃんと食べなかった。やれ前日に15km走ってしまった・・・でも結局はこれが原因だ。

宣言しなかった。

オレは誰にもどこにも、ひとりフルマラソンを宣言しないで走り始めたんだ。
その日は8月の最終日曜日。本来なら北海道マラソンが開催される日だ。が、去年も今年も開催されなかった。東京五輪マラソンが札幌の北海道マラソンコース(の一部)を使う、ということと、コロナ感染対策のダブルパンチがその理由だ。

じゃあ、まぁ、そんな日なんでフルでも走っておこうか、みたいな軽いノリだ。ひとり北海道マラソンだ。

来年こそは真夏の北海道マラソンを開催してほしい!なんて想いを込めて、みたいなセンチメンタルなことではないよ(笑)軽いノリだ。まぁ、北海道マラソンTシャツ(2019)は着たけどね!
ひとり北海道マラソン2

歳とってくると、まぁいろんなことがどうでもよくなるんだ。いい意味でね。大会がないならしょうがないよね、ってなもんだ。もちろん、あったらうれしいけど。

ラン仲間も、それぞれでひとり北海道マラソンやりそうな気配だったし。
でも、特に確認しないで、何の宣言もなく、オレはひっそりと、ひとり北海道マラソンを始めたんだ。

確認して、オレもやるわ!なんて宣言したら、絶対にやらなきゃないからな!

そう、結局、一人でフルマラソンを完走する自信がなかったんだ。だから宣言しなかった。フルマラソン42.195kmは、そんな中途半端な決心で走れるような距離じゃない。
あらためて思った。

宣言なしにフルマラソンは走れない。

誰も見てねーのに、なんで42.195kmも走らなきゃなんねーんだよ。そんなことを思った(笑)知らねーよ、って話だ。ハーフを過ぎたあたりで気持ちはポッキリと折れた。

やっぱり、大会に出なきゃ走れないわ、フルマラソン。堂々のフルマラソンを走る宣言が必要だ。
それに向けた準備、トレーニング。当日の緊張感。周りを走るライバル。いい結果を残してブログで調子コキたいという強い想い(笑)それらがあって、やっと完走できるのがフルマラソン42.195kmだ。

ナメてたもんな、オレ。朝食は小っせードーナツ2個。賞味期限が切れたようなエナジージェル2個ポケットに入れて。水分補給は公園の自販機でテキトーに。なぜか前日にけっこうマジで15km走っちゃってて。

無理無理。

ナメた態度でフルマラソンを走り切る実力なんて、オレにはない。思い知った。フルマラソンを走るときは、まずは宣言だ。

宣言したからといって、目標タイムを達成できるわけじゃないけどね。
早くサブ3.5達成して楽になりて~


関連記事













スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. てっぺい
    • 2021年08月31日 21:24
    • 本日残念ながら、作.ACの中止が発表されました。今年、もう一度オンラインでチャレンジしませんか?!サブ3.5を今年中に!
    • 2. シブケン(管理人)
    • 2021年09月01日 09:23
    • てっぺいさん
      まさかの中止だよね~
      とりあえず、KAZETABIで!
    • 3. 昇龍
    • 2021年09月01日 16:36
    • 初フルの後半戦。自分も周りも皆歩いている。苦痛に顔が歪んで落武者達の行進だ。時折ジイさん(失礼)がゆっくりだが走りを止めずに追い越して行く。ゴールは出来た。(5時間)未知の分野に足を踏み入れた気がした。それ以降、タイムは関係なくフルを走った者同士には目に見えない連帯感がある気がする。
    • 4. シブケン(管理人)
    • 2021年09月02日 14:52
    • 昇龍さん
      「タイムは関係なくフルを走った者同士には目に見えない連帯感がある気がする。」
      分かりすぎる。
      初めてサブ4達成したとき、周りのみんなが死にそうな顔してがんばってたから、オレもがんばれたのを思い出す。もちろん、死にそうな顔して。
      将来はゆっくり追い越していくジイさんになりたいな(笑)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット