ホテルスタッフの女性は、オレの姿を見て微笑んだ。
マスクで隠された表情は分かりづらいが、しかしその目は確かに笑っていた。「嘲笑」ではなく「微笑み」だったことを願いたい。

オレの姿・・ズブ濡れ姿だ。
時間は午前6時を過ぎたころだったろうか。前日からずっと雨が続いていた。

朝ランだ。

見知らぬ街の朝ランで、オレはズブ濡れ姿でホテルに帰ってきたんだ。その姿をホテルスタッフに目撃されての、嘲笑・・ではなく微笑みだ。と思っている。ホテルスタッフが、笑いながら小さく頷いたのをオレは見逃さなかった。

「どんな(バカな)人にも快適な旅を提供するのが当ホテルです」そんなメッセージだろうか(笑)

旅とランニング。
なかなかの相性だと思う。旅において「脚」は優れた移動手段だ。バスの路線図を調べる必要もない。モバイルスイカの残額を気にする必要もない。始発も終電もない。道があればそれでいい。

ランニングは旅人に大きなアドバンテージを与えてくれる。

旅の目的が「知らない街の日常を知る」だった場合においてだけど。観光地を訪れるのが目的だった場合には、タクシーや電車、バスなどの公共交通で移動した方がいいかもしれない。時間のロスが少なくて、多くの観光地を巡ることが出来るからね。

だけどオレは、その観光地に行くまでの「途中」が好きだ。途中の街だ。そこに住む人々の日常を見るのが好きだ。商店街や自分の住む街にはないチェーン店、その他なんのことはない「その辺にある」風景を見るのがおもしろい。

旅先は宮崎だった。
宮崎県宮崎市に一泊してきた。きれいで住みやすそうな街だった。一泊二日の短い旅だ。それで何がわかるんだって話だけど(笑)でも、印象はよかった。ずっと雨だったけど。

仕事関連の旅だったので、自由になる時間は多くない。
でも朝は自由だ。早朝5時からホテルを飛び出して走り始めた。ずっと雨だったけど。
ちなみに地元の人に聞いたところ、まだ梅雨には入っていないとのことなので、まぁ、運が悪かったか(笑)

オレの宮崎についての知識は乏しい。
某知事の「どげんかせんといかん」発言、プロ野球のキャンプやマンゴー、そして南国リゾートのようなヤシの木。そのくらいのイメージしかない。ゴメンなさい。

要するに、ほとんど何も知らない。

だけど、知らない街を走るのは楽しい。どこを切り取っても知らない街だ。完全に「空気」が違う。10kmほど走ったのだが、あっという間だった。この調子だったら、知らない街で100kmウルトラマラソンが開催されたら、あっと言う間に・・走れるわけはない。それはまた別の話だ。

オレの住む北海道の札幌から九州の宮崎は、とても遠い。直線距離で1,500kmもある。遠い街を走るのは不思議だ。「なぜオレは九州を走っているんだ?」そんな不思議。

走っていると、偶然、そして突然GARMINショップが目の前に現れた。
それほど繁華街でもない道路沿いに、突然ガーミン専門店(たぶん)が現れたんだ。予想外すぎる。ガーミンの専門店を見たのは初めてだ。朝早かったので営業はしていなかったが、なんか得した気分になった。

だって、多くのランナーにとって、ランニングとガーミンは切っても切れない間柄じゃない?。もちろんオレにとってもそうだ。だから、オレの朝ランを歓迎してくれているのかと思ったほどだ(そんなわけねー)
「いつもお世話になってます」ってことで、自分のガーミンウォッチと記念撮影だ。社交辞令ではない、本心からの「いつもお世話になってます」はいつ以来だろう(笑)
ガーミン専門店

これも知らない街を走る醍醐味だ。興味深いショップとの偶然の出会い。だからといって、これがもし「ムーミン専門店」だったとしたらどうだろう。オレはさすらいの旅人スナフキン、ってところだろうか。うるせーバカやろう。

知らない街に一泊二日で旅をする。
その短い時間では、街の表面を「なでる」くらいが精いっぱいだ。しかしどうだろう。ランニングで、自分の脚で街に密着して走ることで、奥深いところを知ることが出来るのではないか。まぁそれだって、ほんの一部だけどさ。

たとえばガーミンショップ。そのネーミングに興味をそそられる宇宙堂仏壇店。緑に囲まれたgreen美容室。自分の脚で走らなければ出会えない風景だ。
宇宙堂仏壇店
green美容室

そして、朝ランの目的地は「みやざき臨海公園」だ。そこに「サンビーチ一ッ葉」と「サンマリーナ宮崎」というのがあるらしい。地元の人に、青い空とコバルトブルーの海のコントラストがとてもきれいだと聞いて。
サンビーチ一ッ葉
サンビーチ一ッ葉

サンマリーナ宮崎
サンマリーナ宮崎

灰色一色だった。

灰色の空に灰色の海だった。ずっと雨だったからな。そしてこの日、札幌より気温が低かったようだ(笑)
まぁ、アレだ。こういう旅の方が印象深い思い出になるよね。知らない街をズブ濡れで朝ランしたな~とか。

でも、なんだろうね、知らない街を走り出すときの、あのワクワク感。人の少ない朝の街を走る方が、ワクワク感が増すのはオレだけだろうか。

こういう時、走っててよかった~って思うよね。ランナーの特権みたいなさ(笑)

宮崎、また行きたいな~今度は・・晴れた日に!

関連記事











スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. チョコモーーーン
    • 2022年05月14日 22:42
    • 5 シブケンさん♪
      NICE観光RUN☆★
      私もランナーなので、知らない所を走るワクワク感
      物凄く共感です↑↑
      それにしても、不憫な状況にも関わらず最後は笑いに変えるその意識☆読んでて気持ち良くステキです(≧∀≦) 宮崎来たなら、寄って欲しかったなぁ〜北九州!いつかシブケンさんと会うのが、観光RUNアテンドするのが私の夢です(*´꒳`*)
    • 2. ひろ
    • 2022年05月15日 11:07
    • 5 良いですよね、旅ラン。
      私も良くやります。景色が違うと気分も変わって新鮮な気持ちで走れますし‼️

      話しは変わりますが、昨日原宿から渋谷方面に散歩したらCloudFlowを手にしてました。まだ未使用のワークマンあるのに。。。
      シブチョゲさんの普及活動の成果ですね😁
    • 3. シブケン シブケン(管理人)
    • 2022年05月15日 19:13
    • チョコモーーーンさん
      北九州!未知すぎて魅力的です。
      が・・九州のことをよく知らない私が地図を見るに・・宮崎来たついでに北九州寄ってくか!って場所には見えないんですが!どうなんでしょう(笑)
      ここ2年間ほど、気軽に交流できない世の中でしたが、そろそろアレですよね。いつかアテンドお願いします!
      ところで「モーーーン」が前より伸びてるぞ!
    • 4. シブケン シブケン(管理人)
    • 2022年05月15日 19:24
    • ひろさん
      CloudFlow!やったぜ!
      奇遇ですね、私もCloudFlowは愛用しています。私が愛用したからなんだって話ですけど(笑)
      しかしここ最近は、どこのメーカー・ブランドの靴を買っても失敗しなさそうですよね、レベル高くて。ワークマンも評判いいですもん。いい時代です。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット