長万部キャンプ場 広い敷地
長万部(おしゃまんべ)公園キャンプ場は、その名の通り長万部公園内にあるキャンプ場だ。その公園がとにかく広い!公園の敷地は、なんと東京ドーム3個分。広すぎ!キャンプ場もとにかく広い。テントだったら100張いけるとのこと。100張!まぁ、あの広さあったら100張いけるわな。


いきなり総評

アウトドア初心者の家族連れからバイクツーリングソロキャンパーまで、幅広い層に自信を持ってオススメしたいキャンプ場だ。
トイレから炊事場、ゴミ捨て場、バンガローまで、とにかく整備が行き届いている。キレイで気持ちがいい。


場所・アクセス

長万部キャンプ場 北海道全体地図
「グーグルマップより」


住所:〒049-3514 北海道山越郡長万部町字富野243-21

長万部市街から約5キロ
札幌から一般道で約150キロ 車で2時間30分くらい
函館から一般道で約110キロ 車で2時間くらい

国道5号線から近いのでわかりやすい。



営業期間・利用料金・施設など

営業期間・問い合わせ

営業期間 : 4月上旬~10月下旬

予約・お問い合わせ : 役場建設課建築公園係 電話01377-2-2456

利用案内 :
 公園管理棟内管理事務所 電話01377-2-5854

テント泊

一人1泊料金 大人500円 小中学生200円 幼児無料
(テントを張ってキャンプをする場合、かかるのはこれだけ)

予約不要

受付時間 午前8:30~午後5:00


バンガロー(7人用が5棟あり)

1棟1泊料金 5,000円(例えば5人で泊まったら一人1,000円)

バンガロー予約先 : 役場建設課建築公園係 電話01377-2-2456

利用時間 午後1:00~翌日午前10:00

設備
水洗トイレ、流し台、バルコニー、コンセント(ホットプレートなど消費電力の大きいものは使用禁止)、パネルヒーター、ロフト
長万部キャンプ場バンガロー外観
バンガロー外観

長万部キャンプ場バンガローロフトより1階
ロフトより1階部分

長万部キャンプ場バンガローロフト
ロフト部分


駐車場

70台(無料)

テントを設営する芝生には進入できないが、近くの道路までは行ける。
長万部キャンプ場内道路文字入り
が、なんせ敷地は広い。テントを設営する場所によってはカートワゴンやリヤカーがあると便利だろう。

バンガロー利用時は1棟につき1台だけすぐ横に停めることができる。車が複数台ある場合はテント設営同様、近くの道路までは行ける。


トイレ

とてもキレイで気持ちよく使える。もちろん水洗式。男子トイレは大の方に洋式、和式両方ある。女子も両方あったということだ。
長万部キャンプ場トイレ外観
トイレ外観

長万部キャンプ場トイレ内部
トイレ洗面所


炊事場・洗面所

ここもとてもキレイに整備されている。驚いたのが食器洗剤まで!備え付けられているんだ。かつてこんな至れり尽くせりのキャンプ場があっただろうか。
長万部キャンプ場炊事場
三角屋根が特徴的

長万部キャンプ場炊事場食器洗剤
食器洗剤まで!


ゴミ捨て場

うれしいことに、ゴミは持ち帰らなくてもいい。ここに捨てていける。無料だ。
最近はゴミ持ち帰りのキャンプ場が多いからね。ゴミの持ち帰りはなかなか困るものだ。

燃えるゴミ、燃えないゴミ、生ゴミ、カンなど細かく分けられている。今後も捨てて帰られるように、しっかり分別して捨てよう。
長万部キャンプ場ゴミ捨て場

ウシ模様の炭捨て場がキュート
長万部キャンプ場炭捨て場



その他の施設

テニスコート
長万部キャンプ場テニスコート

3面あり無料で使用できる。地面は土で十分遊べるが、そこまで本気の整備はされていなかった(笑)時期によるかもしれないが。


小川
長万部キャンプ場 小川
釣りもできるということだ。釣れるのかな(笑)



長万部キャンプ場 池
池もあったり


水路
長万部キャンプ場 水路
水路もあったり


遊具
長万部キャンプ場 遊具
遊具もあったり

子供たちがキャッキャ遊んでいたよ。



そういえば管理棟の中にバーベキューコーナーがあったんだけど。
長万部キャンプ場管理棟外観

長万部管理棟バーベキューコーナー
自然豊かなキャンプ場を目の前に、ここでバーベキューをやるシチュエーションがいまいち思いつかない(笑)
雨の日なんかはいいかもね。


以上、北海道は長万部公園キャンプ場の紹介でした。


関連記事「【北海道おすすめキャンプ場】むかわ町穂別キャンプ場」






スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット