ストップウォッチ
今はほとんどのマラソン大会で完走タイムを個別に計測してくれる。
ランナーはそのための計測チップをゼッケンなりシューズなりに装着して走ることはよく知られたことだ。

稀にその計測チップがコース上に落ちているのを見ることがあるが、これほど切ないことがあるだろうか。

誰かが公式記録の残らないマラソンを走り続けているということだ。

それは財布を忘れたのにせっせと買い物かごに商品を入れているような。
かくれんぼのオニがいつまでたっても見つけに来てくれないような。

そんな切なさだ。


そして完走してゴールすると(チップを落とさなければ)「完走証」なるものをその場で発行してくれるのがあたりまえになっている。至れり尽くせりだ。それには当然「完走タイム」が記載されている。

多くの場合「グロスタイム」が公式記録となっているのではないだろうか。
「ネットタイム」は参考タイムだ。わざわざそう記載されているものもある。

完走証グロスネットタイム



まず、どっちがなんなのかをおさらいしておこう。

グロスタイムとネットタイムの違い

グロスタイム(ガンタイムともいう)

スタートを合図するピストル(ガン)の号砲が鳴った瞬間に、全員の計測タイムが動き出す。(だからガンタイムね)
そしてそれぞれがゴールラインを通過した瞬間に、その時計は止まる。
それを計測したものが「グロスタイム」だ。

特に問題ないように思えるが、難点が一つある。

それは大会の規模が大きく出場ランナーが多い場合だ。
後ろの方に並んでいるランナーはスタートの号砲からスタートラインを通過するまでにかかった時間も計測タイムに含まれてしまう不利が発生することだ。

まぁ、これを不利ととらえるか、それも実力のうちととらえるかは人それぞれだろうが。


ネットタイム

ランナーがスタートラインを通過した瞬間に計測タイムが動き出し、ゴールラインを通過した瞬間にその時計は止まる。当たり前にその距離を走ったタイムがネットタイムだ。


おさらい

スタートロスが加算されるのが「グロスタイム」
スタートロスが加算されないのが「ネットタイム」

これ、よくどっちがどっちだかわからなくなるんだよね。

憶え方はこうだ。
「ネットタイムはロスがネット(無っと)」

やかましーわ。


日本では基本グロスタイムが公式記録となっている

おかしいと思うかもしれない。ネットタイムの方がその人の本当の実力を表すタイムだろう、と。
確かにそうだが、それは今の時代だから言えることではないだろうか?計測チップなどの技術がなかった時代に、個別のネットタイムの計測は不可能だったはずだ。その流れで今日もグロスタイムが公式記録となっているのではないかな。

あと、あくまで「レース」なのであって、だからゴールラインを先に通過した人が勝ち、という考えだと思う。そしてそれを表すのはグロスタイムだ。

いやいや、オレはレースじゃなく記録会として参加しているんだよ、って人はどうぞ「ネットタイム」を見てください、ってことなんだろうね。

まぁ、今後はネットタイムが公式記録になっていくかもしれないけどね。アメリとか海外の参加人数の多い大会はネットタイムが公式記録になってきてるんだって。

5万人規模の大会とかもあるんだからビックリするわ。それなら、確かにスタートロスがデカいよね。スタートラインまで30分とか1時間とかかかる人もいるんじゃない?それでグロスタイムが公式タイムです、とか言われたらたまったもんじゃない(笑)


ところで公式タイムってそんなに重要なの?

別にトップアスリートでもあるまいし、個人個人で「オレはグロスタイムで勝負する」「オレはネットタイムのみ信じる」って決めて走ってりゃいいんじゃないの?って思うかもしれない。

まぁ、そうなんだけどさ。

でも、次に出る大会のスタート位置に関係してくるんだよ。
基本、エントリーした時の持ちタイムの早い人からブロック分けされるからさ。一番早い人Aブロック、次Bブロック、次Cブロックって。
で、レース当日はその順番で並ぶからさ。やっぱりできるだけ前に並びたいじゃない。

いやだから、ネットタイムで勝負してればスタート位置なんて関係ないだろ、って話かもしれないが。


オレはグロスタイムで勝負している

自分がレベルアップすると共に、スタートブロックが上がっていくのがうれしくて。そのためにはレースで実績を残していくしかないからね。時間はかかる。でも、だからいい。
同じ大会で去年より前のブロックになったら「オレもやっとここまで上りつめたかー」なんてね(笑)

怖いのがさ、目標タイムをネットではクリアしたけどグロスではオーバーしたなんて現象だ。まだそうなったことはないんだけど。絶対嫌でしょ。悔やんでも悔やみきれないよ、きっと。

まぁでもエリートランナーでもない限り、市民マラソンはね、人それぞれ好きにやればいいと思うよ。
いずれどんぐりの背比べだ(笑)

でもさ、やっぱりさ、自分より前のブロックのゼッケン付けてる人を追い越して行くと気分いいんだよね。「おらおら、オレに負けて悔しくねーのか?」ってね(笑)
なんだかんだレースだからね、こういうのモチベーションにするのもアリでしょ?

いずれどんぐりの背比べだけどね。


最後まで読んでくれてありがとう。




スポンサーリンク


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット