5月5日、毎年シーズン開幕戦として走っている豊平川マラソンを走ってきたよ。
距離はハーフ。
(北海道は雪がとける4月下旬からマラソン大会シーズンが始まります。)

今までにない体験をしたのでお伝えしたい。

いつもは、今のところどんな大会も自己ベストを狙ってえっちらおっちら走っているわけだが、今回はなんと!ペーサーとしてレースを走ったんだ。

わざわざ言い添える必要もないが、もちろん大会公式のペーサーなわけはないぞ。
そんなことは天地がひっくり返ってもあるわけない。

奥さん(超ポンコツランナー)のペーサーを買って出たというわけだ。
そのついでに、今までレースで一度は体験してみたいことも実現させてみた。超キモチいいやつ。



全ては6/24のサロマ湖ウルトラマラソンのために

ただいま絶賛ウルトラマラソンの練習中なので、このハーフマラソンも日々の練習通りウルトラマラソンの目標レースペースで走ろうと思っていたんだ。

オレの場合キロ6分30秒くらいがその目標ペースだ。
だからキロ6分~6分30秒で走ればいいかな、って。

関連記事「シーズン開幕!第30回豊平川マラソンのゼッケンが届く」

でも、どこか「もったいない」ような気がしないでもなく(笑)
せっかくレース走るのに、全力でないのもなんかなーって。

ペーサーを買って出る

そんな時、今回同じハーフを走るポンコツランナー(奥さん)がちょっとした目標を口にする。

「2時間切り挑戦してみようかな」

って。
おいおい、よくそんなこと言えるな、そう思った。
なぜなら、ここ1ヶ月は週イチで10~15kmくらいしか走っていないからだ。

マラソンをナメてもらっては困りますよ、と。(オマエが言うな)

今までのベストタイムは2時間5分くらいだ。日々走り込んでいればそれほど無理難題ではないと思う。
が、今のポンコツ状態でそれはなかなかハードルが高い。

方法があるとすれば、誰かに付いていく作戦しかないな、と。
自分でペースをつくることなく、誰かについていけば走りへの負担が大幅に削減されることはよく知られている。

ってことでオレがハーフ2時間切りのペーサーを買って出たというわけだ。

ハーフマラソンサブ100ランナーのオレ様登場だ。

関連記事「フルマラソンはサブ4ギリの実力でハーフでサブ100した方法」

YO!
ハーフマラソンサブ100ランナーのオレ様登場!
後ろを走れば記録は向上!
成し遂げるのはその路上!

やかましいわ。

ウルトラペースで走るのはちょっともったいないと思っていたのもあったし。
ちょっとしたスピードトレーニングとしていいかな、って。

あと、一度はレースでやってみたいこともあったし。


そう簡単ではなかった

なかなかの混雑で思うようなペースで走れないんだ。
キロ5分20秒~30秒で走るプランだったのだが。

道幅の狭い河川敷のコースってのが原因だ。
あと、ハーフマラソンをこのくらいのペースで走っていると、なんつーか、なかなか混雑が縦に伸びないというか。
もうちょっと速いペースだと前後にランナーが連なることってあまりないじゃない?

いや、オレは別にエリートランナーじゃないので、何回も経験しているペースなんだけど、こんなに混雑してたかな?ってくらい混雑している。

サブ100ランナーのオレ様もどうにもできない(笑)

それでもなんとか帳尻を合わせて走っていく。

で、レースも終盤、残り1キロってところで、なんとか大丈夫そうだったので「後は一人でがんばってね」と言い残しオレはスパートをかける。



レースで一度はやってみたかったこと

レースで一度はやってみたかったこと。

ゴボウ抜きだ。

やってみたくない?ラストスパートでゴボウ抜き。
今まで一回もそんな経験ないから。
いつだって最後は死にそうになってヒーヒー言ってるから。

今回、やってやりました。

まだまだ体力残っててイケたよ!
キモチいいー!(笑)
残り1キロくらいから超絶スパートをかけたんだ。

大外から「うぉおおおおー」ってゴボウ抜きだ。
100人以上抜いたとは思うけど、どうだろ。
みんな「ヤベーやつがやってきた」とか思ったんじゃないかな。
バカみたいにスパートかけたから(笑)

これ、一度はやってみたかったんだ。

2018豊平川マラソン完走パネル
完走パネルの後ろでジャンプ!
走り終わってもいつになく元気です。


え?もしやあの風船ランナーは・・

で、残り1キロからスパートかけて、すぐに目に飛び込んできたのは帽子のてっぺんに風船をつけているランナーだ。

え?って。
もしや本物のペーサー?って。2時間切りの・・。

地元の学生陸上部のランナーが公式のペーサーとして走っていたのは知っていたんだけどさ。
道中一度も見なかったもんだから、オレは2時間切りよりちょい早ペースで走っているとばかり思っていたんだ。

だから、残り1キロでもう大丈夫だと思ってポンコツ奥さんを置いてきてしまったんだが(笑)
まさかの、オレより前に2時間切りのペーサーだ。

大丈夫なのか?

まぁ、確実に2時間切れるように早めに走っているのだろうけど・・

結果、数秒だけ、ホントに笑っちゃうくらい数秒早い時間で2時間切り達成できたよ。
よかったー。

たまーにこういうのもおもしろいね。



まとめ

多少はオレも走力ついてきてるのかな。
よかったよかった。







スポンサーリンク


コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. けいこ
    • 2018年05月06日 23:28
    • 豊平川のレースって、それだったんですね!
      奥様、2時間切りできたなら、全然超へっぽこじゃ、ありませんよ!(わたしゃ、超々へっぽこじゃー(;_;) 奥様、スーパーぺーサーいて、羨ましい!
      思わず、「ハーフサブ100」、戻って読み直しちゃいました。
      「その1秒を削り出せ!」、って、わたし、東洋ファンなもので、懐かしいです。
      ラストのごぼう抜き、気持ち良かったでしょうね!
      この頃、フル走ると、最後の5キロは足がつって、歩きが入ってしまうことが多いので、他の方が走れてるだけで羨ましく、ごぼう抜きは夢ですわ (^^;
    • 2. シブケン(管理人)
    • 2018年05月07日 10:22
    • けいこさん
      実のところ、自分も2時間切りペースは楽勝だったわけではなくて・・
      なんとかラストスパートする元気は残ってましたが(笑)
      そういえば、箱根、そろそろ東洋にも勝ってもらいたいですね!
      青学原監督の今どきの新しい指導法もすごいですけど、東洋の「その1秒を削り出せ!」
      精神のマジメな走りも応援したくなりますよね!
    • 3. あんこ
    • 2018年05月07日 13:40
    • お疲れ様でした!
      今年は寒くて応援にも出ずにインドアしてましたよ。
      奥様がへっぽこなら私はへっぽこの’’’’’’’’ですよ(笑)
      そんな自分でも、たまぁにいい走りができると「あたし進化してるかも・・・」
      と錯覚に陥ることがあります。ホントたまぁ~に。
      私も2時間切りやってみたい!
      フルで4時間半切りしたい!
      こんなレベルです、私。

    • 4. シブケン(管理人)
    • 2018年05月07日 15:11
    • あんこさん
      いやいや、オレも奥さんもへっぽこポンコツです。
      まず見た目がシュっとランナー然としてないですもん(笑)
      ダイエットもがんばらなければ・・
      エリートランナーから見れば、サブ4も4時間半も同じですよ、きっと。
      お互いちょっとでも上めざしてがんばりましょう!
    • 5. SARUKO
    • 2019年10月07日 21:30
    • 5 シブケンさん、札幌マラソンお疲れさまでした。そして自己ベスト更新おめでとうございます!

      同じ日、私も地元の大会10kmに初挑戦し65分10秒で完走しました。

      走り始めて1Kmぐらいで20m先を一定のリズムときれいなフォームで走る女性がいて、勝手にその方を自分のペーサーにして走りました。

      同じOnのシューズをはいた人とも出会い、Onのシューズについて話してたら、その女性と離れてしまい8Km辺りで追いついて、無事ゴールしました。

      こちらの天気も良く、何より楽しく走る事ができて最高でした。来年はハーフに挑戦しようと思います!(^ー^)
    • 6. シブケン(管理人)
    • 2019年10月08日 18:21
    • SARUKOさん
      ありがとうございます!そしてSARUKOさんも初挑戦完走ナイスランです。
      初出場でペーサー見つけるなんて、やりますね(笑)
      私も大会初出場は10kmレースでしたが、その時は周りを見る余裕なんてなくて、何がなんだかわからないうちに終わったような気がします。
      On履いてるランナー見たら、話しかけたくなりますよね~。それがOnのいいところ!
      来年はハーフですか。次はフルでそして100・・いやなんでもないです(笑)
      お疲れ様でした!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット